気になる男性LINEができたら、うれしくていつまでも話していたいという気持ちになったりもしますよね。

でも、陶しく思われるようなLINEを送ってしまうと、本気で嫌われてしまう可性もあるので注意が必要でしょう。

そこで今回は、男が「本気でブロックしたくなる」女子からのLINEを紹介します。

■「返事くれくれLINE

「ちょっと返事ができなかっただけで、『なんで返事してくれないの』とか責められると、陶しいなって思っちゃう。こっちにも色々と事情があることをわかってほしい」(28歳/不動産)

自分の送ったLINEに返事をくれなかったら気になってしまう気持ちはわかります
特に、「既読」になっているのに返事がこなかったら、「なんでなの?」と思ったりもするでしょう。
でもだからといって、「どうして返事をくれないの?」と問い詰めたりしたら、面倒な女だと思われるだけ。
仕事などで忙しい可性だって高いので、相手の状況を理解してあげる気持ちを持たないと、自分勝手な印も与えてしまいますよ。

■「どうでもいい報告LINE

「『今日渋谷で買い物したんだ』とか、どうでもいい内容のLINEが送られてくると、どう返したらいいのかがわからない。彼女でもないのに、そんな報告されてもね…」(27歳/イベント制作

どうでもいい報告をLINEでされても、ただただ反応に困るだけ。
わざわざ返信をする気にもなれないし、見なかったことにしたいような気分にもなってしまうかも。
あと、その日にあった出来事を全て報告しようとする女性もいたりしますが、あれも男性には本当に嫌がられるので、絶対にやめた方がいいですよ。

■「監視LINE

「付き合っているわけでもないのに、『今どこにいるの?』とちょくちょくチェックしてくる子がいて、本当に嫌で仕方なかった。本気でブロックしたいと感じましたね」(30歳/営業)

「今どこにいるの?」「と一緒にいるの?」「明日は何をするの?」。
好きな男性のことは気になってしまうかもしれませんが、こんなまるで監視をしているかのようなLINEを送られてきたら、もはや恐怖でしかありません。
「もし付き合ったりしたらかなり束縛がしそう」というイメージも持たれてしまうので、確実に恋愛外にもされてしまいますよ。

■「エンドレスLINE

「いつ終わるのかわからないLINEに付き合わされるのは、本当にかなりの苦痛。やめたいサインを出しても全く気づいてくれないと、怒りすらこみ上げてくる」(26歳/飲食)

男性女性と違って、LINEでダラダラと長話をするのがあまり好きではありません。
特に、仕事で疲れた後などに、いつまでも終わりの見えない会話をされると、だんだんイライラも募っていくはず。
会話がひと盛り上がりしたあたりで終わりにした方が、男性も「もっと話したい」とか「また話したい」という気持ちにもなりやすいので、あえてめに切り上げることも大事ですよ。

おわりに

男性女性ではLINEに対する考え方も違ったりするので、そこをちゃんと理解しておかないと、陶しく思われてしまいます。LINEをするうえでも、相手の状況も考えてあげる思いやりを持つことがとても大切なポイントですよ。 (山田周平ライター

カツ編集部)

Woman leaning on a table