合コンコンで「どちらにお勤めなんですか」と聞かれることも少なくないだろう。生臭い話だが、そこで大手企業の名前を出せば、その後の展開がうまくいく、なんてことも......。そうした、周りから一置かれる「モテる企業」は具体的にはどこの企業なのか?

与信管理ASPクラウドサービス提供するリスクモンスターは、2017年10月31日、第7回「この企業に勤める人と結婚したいランキング」調結果を発表した。

グローバル企業を抜き1位となったのは

男女総合で「この企業に勤める人と結婚したいランキング」のランキング1位は「国家公務員」で13.2%

次いで「地方公務員」11.1、「トヨタ自動車」8.5、「全日本空輸ANA)」7.4、「日本航空JAL)」5.2%、「三菱商事」、「グーグルGoogle)」3.9、「三菱東京UFJ銀行」3.6、「パナソニック」3.5、「伊藤忠商事」3.2%――と、続く。

業種別で見ると、製造業が8社(トヨタ自動車パナソニックソニー任天堂ホンダサントリー資生堂花王)と最も多く、次いで運輸業3社(全日本空輸日本航空東日本旅客鉄道)、総合商社3社(三菱商事伊藤忠商事三井物産)、銀行業2社(三菱東京UFJ銀行三井住友銀行)だった。

ここに勤めていればモテモテ?

男女別で、結婚相手の勤務先として望む会社はどこなのか。

女性結婚相手の男性に望む勤務先のランキング1位は「国家公務員」で17.7、次いで「地方公務員」で13.5、「トヨタ自動車」9.7、「全日本空輸ANA)」8.0、「日本航空JAL)」で6.7だった。

ちなみに、男性結婚相手の女性に望む勤務先のランキング1位は、「地方公務員」で8.8、次いで「国家公務員」8.6、「トヨタ自動車」7.2%、「全日本空輸ANA)」6.8、「三菱東京UFJ銀行」4.0だった。

全体のランキング上位であった「公務員」が男女別ともに1位2位を占めている。

公務員を除く事業会社のランキングトップは「トヨタ自動車」で、前回の結果と同様に依然として高い人気だ。

結婚相手の勤める企業に対して男女で重視するイメージは「安定している」、「給料がよい」、「福利厚生が充実」、「社員を大切にする」、「土日が休み」が前回に引続き上位となっている。

調は、2017年8月28日30日の期間に、各業界の大手企業・組織200社を抽出し、2059歳の男女から1687もの有効サンプルを得た結果。

詳しくは公式サイトまで。<J-CASTトレンド>

モテる企業はどこなのか(画像はイメージ)