新人濱口の快投で初をつかんだDeNA

 11月1日日本シリーズ第4戦は、DeNA新人濱口が7回1死まで安打の快投を見せ、高城が3安打3打点、宮崎が3安打2打点と活躍。DeNAソフトバンクに一矢報いた。これでソフトバンクの3勝1敗、ここからどんな展開になるだろうか?

 過去日本シリーズ○○○となったケースは9回ある。その取を見てみよう。は、3連勝したチームから見たもの。◎は日本シリーズ優勝チーム

1951年 ◎巨人4勝1敗 ○○○南海
1958年 巨人3勝4敗 ○○○西鉄
1965年 ◎巨人4勝1敗 ○○○南海
1967年 ◎巨人4勝2敗 ○○○阪急
1970年 ◎巨人4勝1敗 ○○○ロッテ
1976年 ◎阪急4勝3敗 ○○○巨人
1989年 近鉄3勝4敗 ○○○巨人
1995年 ◎ヤクルト4勝1敗 ○○○オリックス
1996年 ◎オリックス4勝1敗 ○○○巨人
2017年 ソフトバンク3勝1敗 ○○○DeNA

 9回のうち、7回は3連勝したチームが優勝している。3連敗のチームが4連勝した「大逆転」は、過去2回。

 1回1958年三原監督率いる西鉄ライオンズは、原茂監督巨人と3年連続で対戦。西鉄後楽園球場で2敗、本拠地平和台球場に戻っても1敗したが、で1日開いた第5戦を6-4で勝利し、以後3連勝で、MLBワールドシリーズもなかった「3連敗から4連勝」を達成。勝利はすべてエース稲尾和久。この年新人の巨人長嶋茂雄は2本塁打を打つなど活躍した。早稲田大の三原と慶応大の原は東京六大学以来のライバルだったが、三原は宿命の対決に大逆転で勝利した。

 2回1989年藤田元司監督率いる巨人が、仰木彬監督近鉄バファローズと対戦。近鉄は本拠地藤井球場で連勝、東京ドームの初戦も勝った。王手をかけた近鉄投手加藤哲郎は「たいしたことなかったですね」と発言。これが「巨人ロッテより弱い」という形で報道され、話題となった。巨人はここから4連勝。加藤の発言で巨人ナインが発奮したと言われている。藤田監督仰木監督はともに1958年の1回の大逆転劇に選手として出場していた。

1986年広島は初戦引き分けから3連勝も…

 3連敗からの4連勝は、この2例以外にもう一つある。

1986年 広島3勝4敗1分 ○○○西武

 広島市民球場での初戦に引き分けてから、広島は3連勝で王手をかけたが、西武はここから4連勝した。このシリーズMVPは、今年、ソフトバンクを率いている工藤公康広島の正捕手は、工藤の下でソフトバンクヘッドコーチを務める達川光男だった。

 過去9例ある、3勝1敗の後の勝敗は、3連勝したチームの7勝2敗。確かにこの敗戦をきっかけに、流れは変わる。3連敗したチームがやや優位に転じるようだが、王手をかけたチームが圧倒的に有利なのは変わらない。

 史上3回の大逆転劇がここからはじまるのか。それとも、日本シリーズは第5戦で終了するのか、運命の1戦が始まる。(広尾 / Koh Hiroo)

DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:編集部】