コントアリングメイク人気継続中ですが、まだまだ簡単に済ませる人も多い「ハイライト」と「シェーディング」。しかし凹凸が少ない日本人にとって、立体感を作る工程は必要不可欠です!


そこで今回はガッツリ仕込むコントアリングメイクではなく、ベーシックなパウダーアイテムを使って、ハイライトローライトの基礎をご紹介します


ハイライトローライトって、どこに入れればいいの!?
一番悩むのが入れる場所! 人によってベストな入れ方はさまざまなので、自分の顔にはどの位置に入れるのがいいのか迷ってしまいますよね……。そんな時に使えるちょっとした裏技があるんです



無料写真アプリMakeupPlus(メイクアッププラス)」のメイクアップ“輪”を利用して、凹凸を付けていきます。


ハイライトシェーディングの入れる位置や濃さが違うものが数パターンあるので、自分に似合う入れ方がどれか参考になるかも 範囲も表示されているので、実際のメイクにも取り入れやすいですよ!

※わかりやすいように、濃さは最大値に設定して較しましょう!

MakeupPlusをダウンロードしてみる♡

シェーディングで影を味方に

ハイライトよりも、シェーディングを薄く取り入れる方が小顔&高鼻見せには効果的! 理想の輪は「」とされているので、からはみ出てしまう部分をシェーディングで削るイメージで入れていきます。

1. フェイスラインは下から上に筆を動かして

フェイスラインは、シェーディングの中でも一番取り入れている人が多いですよね。L字にべたっと塗ってしまうと、作り込んだ仕上がりになって横顔が台なし。あごのに引っ掛けるようなイメージで、下から上に筆を動かすとふんわり入ってくれます♪


おでこ部分はシェーディングがより立ちやすいので、気になる方はの生え際にだけ軽く足しましょう!

2. 鼻高効果にはココ

鼻を高く見せたいときは鼻筋部分を濃くするのではなく、と鼻がつながる三ゾーンが最も重要。(初めにご紹介した塗る範囲を参照)頭の下あたりから入れ始めて、鼻筋は残った色みで軽く影を入れる程度にすると自然です◎。

3. 丸顔さんはにもシェーディングを

丸顔さんは格に沿ってにもシェーディングを入れると、小顔効果がさらにアップ! シャープな輪の人がここに入れてしまうとゲッソリした印になりかねないので要注意です。外側から入れることによって立つ中央部分が薄めに仕上がるので自然 他の箇所よりもさらに薄くつけるように意識してくださいね

使用したアイテム
ETUDE HOUSE(エチューハウス) フェイスカラー コルセット #5



薄付きのものを選ぶとより自然に仕上がります。プチプラコスメでもしっかり影を作ってくれるので、まずは取り入れることが大切です



ハイライトは使用アイテムチェンジ

ハイライトは、入れる箇所によってアイテムチェンジするとさらに効果がアップします。

1. ベーシックなアイテムは広い範囲に

シンプルハイライトウダーは、広い範囲(王道のTゾーンやあご部分)に使用し、軽く立体感を与えます。この部分に加えて、の横に“くの字”になるように入れるのも◎。

使用したアイテム
Witch's Pouch(ウィッチズポーチ) ラブミーブラッシャー 01



プチプラアイテムでも大活躍。よれやすい部分に使用するので、ラメ感やパール感が強すぎない肌になじむものがベストです!



2. 細部まで高く見せる小細工を
Tゾーンの広いハイライトのみでも凹凸は仕上がりますが、さらに細部まで仕込むことで立体感が変わってくるんです!


明るく見せたいところにチップで軽くピンポイントで入れていきます。マットシャドウを使い、色の明るさだけを足していくのでハイライトで作った感が出ません

使用したアイテム

この部分のハイライトには、マットで肌の色味より少し明るいパウダーが最適! シングルシャドウアイシャドウパレットの一番明るい色が狙いです。



3. ツヤ感も忘れずにプラス

繊細なパール感のあるハイライトを使って、の1番高い部分にツヤをプラス。色味で高さを出すのではなく、を味方にして抜け度UPしましょう

使用したアイテム
CHANELシャネル) ジュ コントラスト ルミエール 12



スティックタイプやパウダータイプなど、ツヤ肌ブームによりいろんな形状のアイテムがあるので、お好みのものを選んでください♪



立体感作りをマスターしよう

ベースメイクにひと手間加えるだけで立体感がUP。小顔効果はもちろん、大人っぽい印にもしてくれます! アイテムスペックより、まずはプチプラコスメで取り入れることが大切。ぜひ普段のメイクプラスしてやってみてくださいね
山菜摘)

ハイライトとローライトの基礎をおさらい♡