CL敵地トットナム戦で1-3と完敗も、エースは「決して危機じゃない」

 

 昨季リーガ・エスパニョーラ王者、そしてUEFAチャンピオンズリーグCL)連覇と、新たな黄金期を迎えつつあったレアル・マドリードの周辺が騒がしくなっている。現地時間1日に行われたCLグループステージ第4節の敵地トッテナム戦で、1-3の敗を喫した。エースポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは試合後、今クラブを去ったコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスバイエルン・ミュンヘン)らのが大きいと示唆する発言をしたと、スペインマルカ」が報じている。

 

 試合はイングランド代表FWデレアリの2ゴールなどで、後半20分までに0-3と守備が崩壊。同35分にはロナウドが一矢報いるゴールを決めたものの、リーガ第10節ジローナ戦(1-2)に続く敗戦となった。同グループドルトムントアポエルと引き分けたことで2位確保の可性は高まっているが、トットナムに決勝トーナメント進出を先んじられることになった。

 

 勝利を常に義務づけられているクラブだけに、衝撃の敗劇に対する現地報道は過熱しつつあるが、ロナウドは試合後のインタビューで「らは3、4敗することができるし、これは決して危機じゃない」とぴしゃりと否定し、「まだシーズン序盤戦にすぎないし、善するための時間は多くある」と前を向いた。

 

 その一方で、「今加わった若手選手は多くのポテンシャルを持っている」としながらも、今の移籍市場での動きについてこう話している。

 

 

「ペペ、モラタ、ハメスが強化していたが…」

 

「(昨季まで在籍した)ペペ、(アルバロ・)モラタ、ハメス・ロドリゲスらを強化してくれたが、今日チームの選手は若かった。らにとっては(トットナム戦に欠場した)カルバハルベイルも必要な存在だからね。決して悪いスカッドではないけど、経験が少ないというのは重要なことだよ」

 

 昨季は試合の状況によっては、ハメスという実者がベンチ入りさえできないほどの容を誇ったが、クラブ側が“スリム化”を図ったことで選手層が薄くなっていることを示唆した。

 

 自身の得点ペースについては、「Google検索で『クリスティアーノのゴール』と入れれば、全てが明確だ。何も心配していない」と、稀代のゴールマシンは独特の表現で話したが、チーム容への言及は今後物議を醸すかもしれない。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージ写真 photo by Getty Images

 

 

フットボールゾーンウェブ