1970年大阪で開催された「日本万国博覧会」のために芸術岡本太郎制作した「太陽の塔」。高さは約70mと非常に大きな作品。万博覧会の終了後も、万博記念公園に残され未だにその存在感の大きさは衰えることを知りません。

そして、来る2018年太陽の塔がついにロボ化されることになりました!それが「超合金 太陽の塔のロボ Jr.」です。


手!足!顔パカっ!!!

この「超合金 太陽の塔ロボ Jr.」、実は2014年に発売された約280mmほどの大きさになる「超合金 太陽の塔ロボ」のコンパクト版で、2018年3月から始まる、太陽の塔 内部の常時開に合わせて発売されるもの。

太陽の塔ロボJr.はロボ形態時には約150mmほどの大きさにまでなり、変形時に覗く内部には生命のプリントされています。また、胸の顔部分には次元爆発ミサイル実装されており、攻撃性もバツグン!台座は2014年発売のものからリデザインされています。






この太陽の塔ロボは、岡本太郎記念館の館長である平野臣さんも認の超合金ロボ平野さんがこの太陽の塔ロボに関して感想を述べていますが、その言葉がとても興味深いので引用します。

作品の冒涜ではないか。そう言う人がいるかもしれない。
そうした考えももちろん理解できるし、それが美術界の常識なのかもしれない。
だが、ほかの作家はともかく、岡本太郎に限っていえば、ぼくはまったくそう思わない。こんなことで傷つくほど岡本太郎はヤワじゃない。太陽の塔だってびくともしない。

太陽の塔に想像を刺されて、気がついたら太郎と“真剣に”遊んでいた。それだけだ。底流には太郎太陽の塔に対する本物の情がある。

超合金 太陽の塔のロボ スペシャルページ コメント|魂ウェブ

2014年太陽の塔ロボ17,000円となかなか手が出しづらい価格帯でしたが、今回の太陽の塔ロボJr.は4,536円(税込)で、インテリアとして飾る、そして超合金として楽しむには理想的な価格ではないでしょうか。

ぜひ太陽の塔ロボJr.で、驚異の変形ギミックを堪してみてください。

超合金 太陽の塔のロボ Jr. – 魂ウェブ

関連画像