男子がよく『付き合いたい』と感じるのは、雰囲気が柔らかい“ほっこり系女子”。ふわふわした雰囲気に包まれている女子を見て、「一緒にいると癒される」、「守ってあげたい」と感じるのです。

しかし、雰囲気を柔らかく保つことだけでは“ほっこり系女子”になれるわけではありません。では、どのような特徴を持った子が、男子ウケ最強の“ほっこり系女子”になれるのでしょうか。

■人と比べることをしない

ほっこり系女子”は、他人同士を比べるようなことをしません。「人は人」と、ハッキリ区別をつけることができるのです。男子は特に、人と比べられるのを嫌うため、自分のことをしっかり見てくれることを嬉しく感じるのですね。

ほっこり系女子”になりたければ、「元カレはこうだった」、「◯◯くんならこうするはず…」など、他の人と比べて評価することはしないようにしましょう。

「この人はこういうところがステキ」と、その人それぞれの長所や短所を見つけられるよう、常日頃から意識しておくと良いですよ。

常に意識していくことで、自然と誰かと比べなくても相手の良いところが見えてくるようになるものです。

■自分なりの価値観を持つ

ブランド品や流行を好む女子はとても多いですよね。しかし、自分の価値観を持っている“ほっこり系女子”は、「ここのブランドが好きだから」、「流行っているから」という理由で物を揃えたりはしません。

ノーブランドでも、自分が「かわいい」と感じるものだけを持ち歩くのです。“ほっこり系女子”は、自分の価値観をきちんと持っているため、周りの雰囲気にのまれることはありません。

周りの雰囲気やその場の流れに身を任せて行動してしまうという人は、自分が本当はどうしたいのか、どうするべきなのかを考えながら行動できるよう心がけましょう。

自分で信じた道を進んでいる人は、異性からも同性からもとても魅力的に映るものですよ。

■人によって態度を変えない

相手の人柄や立場によって態度を変えるという人は多いかと思います。それは男も女も変わらないですよね。自分の立場を守るために自然と予防線を張ってしまうのは悪いことではありません。

しかし、相手によって態度が変わっているのを周りに気付かれてしまうのは良くありませんよね。故意的に態度を変えていることが知られてしまえば、「計算高い女」として敬遠されてしまいます。

相手によって言葉遣いや気遣いの仕方が変化するのは当たり前のこと。話す人によって意見をコロコロ変える、相手が異性か同性かで声のトーンや喋り方が変わるというのは、明らかにそれを意識しているとしか言えませんよね。

自分が思っている以上に、周りはあなたのことを見ているものですよ。

おわりに

いかがでしたか?

似たような雰囲気の“天然女子”とはまた違う“ほっこり系女子”。雰囲気をふんわり柔らかくすることを意識するだけでは完全なる“ほっこり系女子”にはなれません。

相手を癒すような、包み込むような雰囲気の中にも、自分の価値観はブレずに持ち合わせている、そんな女子が、“ほっこり系女子”と認定されるのですね。(きえお/ライター

(愛カツ編集部)