動物が大好きだ。動物というか、生きとし生ける全てが愛しい。ゴキブリに出ても、なんとか殺さずに外に出そうと考える。今は3匹に囲まれて楽しい日々を謳歌している。

一嫌いなのが、人間だ。特に、動物に対して思いやりの欠片もないような人間は大嫌いである。(文:松本ミゾレ)

多頭飼育で周辺から苦情&も不衛生な環境で飼育される地獄絵図

猫にはのびのび暮らしていただきたい

産経新聞毎日新聞などが10月末に報じたところによると、神戸市区の営住宅で、いわゆるの「多頭崩壊」が発生した。

記事によれば、ペット禁止であるにもかかわらず、53匹ものが放置されていたというのだから驚きだ。数匹の死骸もあったという。部屋からはものすごい異臭が出て、以前から問題になっていたという。ってかなり綺麗好きで、しっかり飼育していればほとんど異臭を放つことはない。自体は清潔を好むし、飼いトイレの掃除をしっかりやっていれば、周辺に迷惑をかけることもない。

ところがこの飼い40代の女は、ペットを飼ってはいけない営住宅に勝手にを招き入れ、掃除もおざなりにして避妊もさせず、50匹以上にも繁殖させてしまったというわけだ。

件の営住宅では、2015年から近隣より「尿で悪臭がする」と通報が寄せられていたというが、側の導も効果はなかったという。そこでが強制執行に踏み切り、今年4月に女は強制退去となった。がひしめき合っていた部屋の状態はすさまじく、畳は腐り、柱には多数のひっかき跡が残されていたということだ。

残されたたちは、市民グループが引き取ったとのことなので、53匹全てが幸せなその後を送れることを願わずにはいられない。

知識ももない人間はペットを飼うな!

ペットの多頭飼育崩壊については、このところメディアでもよく話題になる。の場合は生後1年足らずで繁殖可になってしまうので、そこで避妊手術を受けさせることが、不本意な繁殖を防ぐための一手。そんなことは当たり前なのだ。しかし、未だにを飼っていながら、この避妊手術すらしないという飼いも多い。

いや、それこそ広大な敷地と持ちがあって、が増えてもよろしいと言うのであれば、それもアリだ。でもこの飼いは勝手に営住宅でを殖やしていたわけなので、本当に言葉もない。

部屋は3DKとのことだが、こんなスペース53匹ではあまりに狭すぎる。れっきとした虐待だ。こういうニュースにするたび、は泣きそうになる。ってこういう狭い範囲で大勢暮らせるほど、雑な性格はしちゃいない。

それぞれに性格の違いがあって、個性もある。その個性を尊重するために、広いスペースが1匹ごとに必須なのだ。

恐らくこの飼いも、当初は多くても数頭程度だったはず。しかし避妊させる発想もなかっただろうし、なんならそんなすらなかったかもしれない。これが最大の不幸だ。こんな飼いのせいで増えまくり、まともな飼育環境下で暮らせなかった53匹の、何の罪もない不憫でならない。

これはこの際はっきり書いておくが、を持たない、あるいは馬鹿な人間。これらに当てはまる者はペットを飼うべきではない。ペットは大事な家族。そんな家族をしっかりと大事に育てることができるのは、知識があって、相応のお金がある人に限られる

以前どっかのSNSで「お金がない人はペットを飼ってはいけないんですか?」みたいなことを言っていたネットユーザーがいた。結論から言えばそうだ。避妊手術しかり、日々の餌代しかり、与えるオモチャしかり。病気になったら病院で診察をしてもらう必要もあるし、その額も決して安くない。大切な家族として動物を迎え入れることができる人だけが、ペットを飼うべきだ。