キャンプで「井口監督の方針全てを吸収」

 ロッテに6シーズンぶりに復帰した今岡真訪・新2軍監督が、井口監督と一体を宣言した。

 ロッテ鴨川キャンプ2日の2日、今2軍監督井口監督とぴったり寄添い、「コーチ会議でも言っているし、選手にも断言している。1軍と2軍導は全く一緒。1軍のコーチ2軍コーチの言うことは変わらない。そのために、このキャンプ井口監督の方針全てを吸収するため、聞き役に徹する」と話した。 

 12球団全てに当てはまるが、選手は結果が出ないと「Aコーチに言われた通りにやっている」と言い訳の種にしがちで、来季のロッテは選手に言い訳をさせないという。最下位からの脱却は、まず1、2軍の徹底した一体革から始まった。阪神2軍打撃兼野手総合コーチとして、1軍・監督2軍・掛布監督導方針の違いで苦労した経験があるようだ。 

 自身は東洋大に進学したが、井口監督とは青学大のセレクションからの付き合いで、東都でも覇を競い合い、アトランタ五輪では遊撃井口セカンドの二遊間で活躍。「長い付き合いで、引退パーティーにも来てもらった。気心は知っている」と今2軍監督阪神時代は首位打者1回、打点王1回とタイトルも獲得。2010年には選手として、下克上日本一も達成した。「選手には、出来るだけ多く引き出しを作って伝えていきたい」とチーム革に意欲をみなぎらせていた。(細野功 / Yoshinori Hosono

ロッテ・井口監督(左)と今岡2軍監督(右)【写真:細野能功】