当時レアル史上最年少でデビューしたラウール、マドリード・ダービーで初得点を記録

 

 レアル・マドリードは5日、リーガ第11節でラス・パルマスを本拠地で迎え撃つ。「11月5日」は、100年以上に及ぶ“白い巨人”の歴史に名を刻むレジェンドリーガゴールを決めた日だ。リーガ・エスパニョーラも公式ツイッターに「全てはここから始まった」とメッセージ付きで懐かしの映像を投稿し、改めて敬意を表している。

 

 リーガ11月5日に合わせて紹介したのは、元スペイン代表FWラウール・ゴンザレスの初ゴールだ。

 

 1994年、当時クラブ史上最年少でトップチームデビューを果たしたラウールは、デビュー2戦目でアトレチコ・マドリードとの“マドリード・ダービー”に先発出場。左サイドを駆け上がる元デンマーク代表MFミカエル・ラウドルップの動きに合わせてゴール前に走り込み、スルーパスに左足を一閃。強烈なシュートがアトレチコのゴールに突き刺さった。

 

 デビュー2戦目、しかもレアルのユースへ移籍する前に所属していたアトレチコ相手に初ゴールを挙げるという“大物ぶり”。17歳ラウールは満面の笑顔でピッチを走り抜けた。

 

 リーガ公式ツイッターが「全てはここから始まった」と綴ったように、ラウール2010年まで在籍したレアルで公式戦通算741試合に出場し、323ゴールマーク。このゴール数を上回るのは、現在のエースであるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだけだ。のちにリーガ・エスパニョーラ公式サイトインタビューで「初ゴールは僕のお気に入りさ」と語っており、ラウールにとっても、レアルにとっても印象的なゴールとして、これからも語り継がれていくだろう。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

 

【動画】リーガ・エスパニョーラ公式ツイッターが公開、17歳のラウールが決めたリーガ初ゴール

 

https://twitter.com/LaLigaEN/status/927144718948954112

リーガ・エスパニョーラ公式ツイッターが公開、17歳ラウールが決めたリーガゴール

 

 

 

フットボールゾーンウェブ