大和和紀原作による劇場アニメ劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒17歳~」の初日舞台挨拶が、本日11月11日新宿ピカデリーで開催。紅緒役の早見沙織役の櫻井孝宏蘭丸役の梶裕貴が登壇した。

【大きな画像をもっと見る】

劇中の印的なシーンという最初の話題で、見が挙げたのは紅緒宮野真守演じる伊集院と共にオペラを鑑賞する場面。このシーンについて見は「モノローグ紅緒喜怒哀楽が次々に変化して、演技がハマった時の爽快感が印的」とアフレコを回顧する。

見の相手役である宮野からはビデオメッセージが到着。印的なシーンについて「最初に紅緒と出会い、『はいからさん』とをかけるシーンは忘れられない」とコメントする宮野に、壇上の3人は「自然体で王子様だった」「現場が宮野さんの王子様感にザワザワしていた」と彼の王子ぶりを口々にった。

「ここだけでも観る価値あり」と梶が紅緒の泥酔シーンに話題が移ると、見は自身の飲エピソードを披露。かつて見は、酔っ払って「ごめんなさーい」と言いながら自分の部屋に帰ろうとするを介抱していたそう。しかし自身が酔っ払ったときに、同じく「ごめんなさーい」と言っていたことを恥ずかしそうに明かした。それを聞いた梶と櫻井から「紅緒感ある」と突っ込まれるも、見は「でもその泥酔も含め、表情豊かな紅緒の芝居に、これまで(の人生で)経験したことを詰め込められました」ときれいに誤魔化すことに成功する。

舞台挨拶中には大和から届いたメッセージ読み上げられた。「男性監督ならではの迫ある戦闘シーン脱帽です」という言葉を始め、作画スタッフ音響監督音楽担当など本作に関わるスタッフへの感謝に満ちたメッセージを贈り、最後に「今回ほど声優さんのを痛感したことはありません」「まさに絵に命を吹き込んでくださった」と、宮野を含む声優4人の演技を絶賛。そんな大和過去に対談した経験のある見は「先生の心を知ることができてうれしい」と喜びつつ、「(先生は)とっても暖かくてチャーミング。ちょっと紅緒さんテイストがある方」と対面時の印った。

そんな見は最後に「『はいからさん』はずっと色あせない。老若男女、すべての人に何かを届けてくれるし、次の世代に届けたくなる宝物のような作品」とる。さらに「後編でもまだまだ紅緒は暴れていきたい」と意気込み、後編への期待を煽って舞台挨拶は終了した。

はいからさんが通る」は大正時代の東京を舞台に、活発でおてんばな“はいからさん”こと紅緒と、許嫁である陸軍少尉伊集院との波乱万丈な模様を描いた物語。本作に続く「劇場版 はいからさんが通る 後編 ~東京ロマン~」は、2018年開予定だ。

※記事初出時、人名に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

「劇場版 はいからさんが通る」

スタッフ

原作大和和紀はいからさんが通る講談社 KCDX デザート
監督(前編)・脚本:古橋一浩
キャラクターデザイン:西位
サブキャラクターデザイン総作画監督小池智史
背景デザイン・美術監督秋山健太
色彩設計:田邦夫
撮影監督荻原猛夫(グラフィニカ
音響監督若林和弘
音楽大島ミチル
題歌:「夢の果てまで」 早見沙織
アニメーション制作日本アニメーション
製作劇場版はいからさんが通る製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画

キャスト

紅緒早見沙織
伊集院宮野真守
櫻井孝宏
鬼島中井和哉
蘭丸梶裕貴
北小路環:瀬戸麻沙美
少佐石塚運昇
ばあや:鈴木れい子
五郎三宅健太
吉次:伊藤静

田のは1点しんにょうが正式表記。

(c)大和和紀講談社劇場版はいからさんが通る製作委員会

左から梶裕貴、早見沙織、櫻井孝宏。 (c)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会