バンダイは、『ROBOT魂』『超合金魂』といった『魂シリーズ』のアニメ・特撮フィギュア新作を披露するイベントTAMASHIIFeature'sVOL.2』のプレス向け内覧会を2月10日に開催。この中で、4月28日に発売を予定しているPlayStation3/Xbox360ゲームエルシャダイ』のフィギュアが参考出展されました。会場には発売元のIgnitionEntertainment社の皆さんも訪れ、展示ブースで試作品を確認する姿が。お話を伺うことができました。

※写真が一部しか表示されない場合はこちらをご覧ください

今回出展されたのは、デフォルメフィギュアデフォマイスタープチ』で商品化されるイーノックルシフェルイーノックの台座には「一番、良いのを頼む」、ルシフェルの台座には「やっぱり今回も駄目だったよ」と、動画でおなじみのセリフプリントされていました。会場には専用ブースが設けられ、ゲームの映像とフィギュアを展示しています。

ブース横には、フシギな生き物として紹介されているキャラクターネフィリムぬいぐるみや、イーノックの胸像フィギュアも展示されていました。

詳細は伏せられていましたが、今後はリアル路線の『S.H. Figuarts』でも商品化が予定されているようです。

IgnitionEntertainment社の皆さんと開発ディレクターを務めたクリムの竹安佐和記さんがブースを訪れていたので、IgnitionEntertainment社のPR・マーケティング部ディレクターの上西華子さんに、今回の商品化についてお話を伺うことができました。

西さんによると、商品化をバンダイに持ちかけたのは昨年12月のこと。まだ年が明けて1月ちょっとだというのに、試作品ができてイベントで発表されるという、驚きのスピードで商品化を実現しています。実は上西さん、以前はバンダイの社員で、元上司であるバンダイの事業部長に「エルシャダイ!やるシャダイ!とお願いしてしまいました(笑)」とのこと。ネットで大きく話題になっていること、発売が4月28日に決定したことでタイミングよく商品化が決定したのだとか。

フィギュア製品の発売スケジュール明らかになっていませんが、ゲームの発売に合わせてそう遅くないタイミングで第1弾が発売されそう。今後の動きに注目が集まりそうです。

TAMASHII Feature'sVOL.2』は、2月11日と12日に東京・ベルサー秋葉原2月20日に大阪・梅田クリスタルホール3月18日から20日には台湾でも開催される予定。『エルシャダイ』のほかにも、先日ご紹介した『パーマン』のコピーロボット、『ワンピース』、『プリキュア』、『聖闘士星矢』、『STARDRIVER輝きのタクト』、『ウルトラマン』などの新作フィギュアが盛りだくさん。入場無料なので、『エルシャダイフィギュアと併せてチェックしてみるのがオススメです。