2016年に連載が完結し、全74巻のコミックスは累計発行部数9000万部をえる人気漫画BLEACH福士蒼汰さんが演する実写映画版の開も来に控えていますが、実はかつて、ハリウッド実写映画制作が報じられていたことを覚えているでしょうか。一体あの話はどうなったの……!? 

原作者の久保帯人先生11月11日深夜放送のTBSラジオサンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ』(土曜日24:30~)に出演し、ハリウッド実写版のその後についてりました。

頓挫の理由は脚本

ハリウッド実写化の噂が初めて報じられたのは2010年3月頃。2012年2月には海外ニュースサイトで「本格始動」と報じられ、監督にピーター・シーガル映画ゲット・スマート』)、プロデューサーマシ・オカ(テレビシリーズHEROESヒーローズ』)といった具体名も挙がっていました。

ラジオ出演した久保先生は、“まだ表には出ていないここだけの話”として、「監督補も決まっていて、演やりたいという俳優さんも日本に来て一緒に食事したりして、その俳優さんが描いた一護イラストも持っているんですけど」と具体的に制作が進行していたことを認め、「でも脚本がどうにもまとまらなくて」企画が頓挫してしまった理由を明かしました。

『BLEACH』がハイスクールものに?

久保先生によると、ハリウッドは1本の作品にかける予算が巨額のため、スポンサーの権が大きくなり、確実に集客が見込めるストーリーに作り替えられてしまうとのこと。BLEACH』も米国のオーソドックスなハイスクールものに寄せられてしまい、「『BLEACH』でやらなくても良い話じゃない?」と感じたそう。久保先生の要望もあって修正を繰り返したものの上手くまとまらず、映画化権の契約期間が終了したと説明しています。

番組のパーソナリティーを務めるサンドウィッチマン伊達みきおさんが「どうなんですか、気持ち的には。もうちょっと妥協すれば良かったとか」と尋ねると、久保先生「いやあ、でも、(ハリウッド版)ドラゴンボールの例もあるので……」と苦笑い。「今まで応援してくれたファンがどう思うか、気になるじゃないですか」といい、日本実写版については「すごく原作のことを考えて作ってくださってるなと感じています。楽しみです」とコメントしていました。

TBSラジオクラウド』では、放送でカットされたエピソードも収録された完全版開中:
https://radiocloud.jp/

画像:http://www.j-bleach.com/
参照:http://variety.com/2012/film/news/wb-developing-pic-of-manga-bleach-1118050608/

―― 面未来、探メディアガジェット通信(GetNews)』