(Nayomiee/iStock/Thinkstock)

愛知県中村署は13日、認知症母親(86)に暴行したとして、契約社員の息子60)を暴行の容疑で逮捕した。母親は約1時間半後、搬送先の病院死亡が確認された。

■徘徊を止めるために暴力

12日、男性は自宅玄関で母親の頭や下半身を蹴ったり手打ちしたとみられている。

通行人が「ケンカのが聞こえる」と警察通報し、事件が発覚。母親男性と2人暮らしだが、認知症を患っている影からひとりで外をすることが多く、今年6月以降で14回ほど警察に保護されていたようだ。

男性は「外出を止めたが、言うことを聞かなかったので殴った」などと供述し、容疑を認めているとのこと。

報道によれば、警察は傷致死容疑での立件も視野に男性を調べる方針だという。

■「責められない」と男性に同情の声

認知症を患っている母親の外出を止めるために、暴力という手段を選んでしまった男性。当然ながら許されるものではないが、女性向け匿名掲示板ガールズちゃんねる』では、男性に対する同情のがあがっている。

中には、実際に認知症の身内を介護しているというユーザーからは、認知症介護の壮絶な体験が寄せられた。

・うちも家族総出で祖介護したけど汚い話、ウンチを漏らして拭いてあげても「寒いんだからくしてよ!」なんて怒られると呆けてるとわかってても虚しくなってくるんだよね。とは言っても暴力は振るわなかったけど、想像はつく

・うちの祖認知症だから気持ちわかる…祖い時に亡くなったからわたしの二人で面倒みてるけど、泣くし喚くし物投げるし暴力するし…こっちが参っちゃう

辛いよ。介護って認知症なら尚更。責められない。私も認知症がいるから

・最悪な孫だけど認知症のじいちゃんばあちゃんがく逝ってほしいと思ってます。にも残りの未来もあるし毎日です

■「これからの日本の課題」の声も

また、高齢化が進む日本では今回のような事件もしくなくなってくるとのも。「これからの日本の課題」「明日が身」との意見も寄せられた。

・それだけ警察の世話になってても、的もしくは民間との連携、取ってもらえないんだね。事件を未然に防ぐことにを入れ欲しい

認知症になると程度にもよるけど会話は理だし暴力や暴言を吐かれることもあるよ。殺してはいけないけど加者ばかり責められない。これからの日本の課題じゃない? 

60代が80代を介護。これからこういう介護増えるね

明日が身な事件。まともな人でもおかしくなる

■約2割が介護を経験

しらべぇ編集部が全2060代の男女に「親族の介護経験」について調したところ、およそ2割が「経験アリ」と回答。

(©ニュースサイトしらべぇ)

現状では5人に1人ほどだが、今後よりその割合は増えていくことが予想される。

を止めるためとはいえ、男性のとった手段は許されてはいけない。しかし、60男性介護をするという現状は、個人の問題でなく今後の日本全体の課題であることは間違いないだろう。

・合わせて読みたい→「妻が両親の介護をしない」の質問に対するベストアンサーが「完璧すぎる」

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調期間:2016年9月23日2016年9月26日
:全20代60代の男女1,365名(有効回答数)

徘徊する認知症の母が死亡 暴行容疑で逮捕の60歳息子に同情の声も