情報番組「あさイチ」(NHK総合)が、産婦人科医へのインタビュー女性の正しい尿の拭き取り方などを取り上げ、「から鱗」とインターネット上で反を呼んでいる。

ポイントは、大きく分けて2つ。「当ててじっと」「両脚を合わせたまま排尿しない」だ。

紙を動かしてはいけない

2017年11月13日放送の「あさイチ」では、シリーズ「性ホルモン」の第1回「女性ホルモン」編と題し、大豆イソフラボンの効果やニオイを防ぐトイレでの拭き方を紹介した。

「更年期になると、下着が臭う」と悩んでいる女性が少なくない――。番組では、そんなが多いとして、尿漏れが原因でないかと心配するが多数集まった、と紹介した。だが、有働由美子アナウンサー48)が取材した三井記念病院中田木・産婦人科医長は、これを間違いだと摘する。

下着が臭くなると(尿が)漏れているのではと心配しますが、拭き方で解決することがほとんどです」

有働アナが「私も48年、女をやっておりますので、後ろから前はダメ、絶対に前から後ろ、と習いましたよ」との認識を明かすと、中田氏

「ところが、そうではないんです。『当ててじっと』が正しいのです」

と説明し始めた。

中田氏によれば、まず適量トイレットペーパーを手に取り、「入り口のあたりに優しく当ててドライになるまで」吸い取る。押し当てる時間の安は、5~10。年齢を重ねるにつれて女性ホルモンの分泌が減ると、尿周りの膜の表面が薄くなってしまうが、尿を拭き残していると、アンニア膜に入りやすくなるため、炎症が起きて悪臭がするようになるという。

また決してを動かしてはならない。分を含んだトイレットペーパーで、こすって摩擦を加えると、小さなくずができ、尿や膣に入り込む可性がある。この行為を続けることで、何度もトイレに行きたくなる、あるいはトイレに行きたいのを慢できないようになる、と医学者は考えているという。

洋式トイレの座り方にもコツが

また、中田氏によると、洋式トイレの座り方もニオイの原因になってしまうことがあるという。

正しい座り方は、(1)大きく股を開く(2)前傾姿勢を取ること。両脚を合わせたまま排尿すると、一部が逆噴射して膣の中に入ってしまい不潔になってしまうことがあるからだそうだ。

「もうちょっと夢のある場所だったと思うのですけど、年齢とともにどう手入れすればいいのかという場所になっていきます」

中田氏はそう述べ、有働アナも

「夢のある場所って良い表現ですね。ずっと夢のある場所にしておきたい」

としみじみった。

ツイッターなどインターネット上では、番組の内容に

から鱗」
「勉強になる。私、全部逆をやってた...」
トイレでの拭き方とか知らないことばかりで参考になる。子にも伝えよう!」
「こういうことは学校でぜひ教えてほしい」
おしっこの拭き方講座見たら、今すぐにトイレ行きたくなった!」

と驚きのが続出している。<J-CASTトレンド>

正しい方法、知ってる!?