お互いが同意していれば問題ないかもしれませんが、真剣に出会いをめていたり、普通に仲良くなりたかったりする場合には、体当ての男性なんてお断りですよね。

すべきヤリ男性を見抜くには、どこに着すればよいのでしょう?

■外見ばかりやたら褒める

ヤリ男性を見抜くためには、「どこを褒めるか?」に着するのが◎。

「へ~! こんなかわいい人だったんだ」「今日かわいいね、似合ってるよ」「サラサラできれいだね」「スタイルいいよね。モテるでしょ?」。どれも言われると、嬉しいセリフですが、実は、これらのセリフをたくさん言われる場合は、要注意!

これらの褒め言葉に共通しているのは、すべて「外見」を褒めている点です。ヤリ男性は、見てすぐ褒めることができる、外見ばかりを褒める傾向にあるのです。

性格や価値観などは、何度かあったりしないと見えてきませんから、出会ってすぐの「かわいいね」の連続攻撃には、気をつけておきましょう。

■お誘いがいつも突然

ヤリ男性は、「今日会えない?」「明日近くまでいくんだけど」というような、突然のお誘いが多い傾向にあります。もし、あなたのことを大切に考えているなら、予定を事前に聞いたり、スケジュールの調整をしたりしてくれるもの。

相手と仲良くすることは「手段」にすぎないため、相手の事情を考えるより、自分の的を達成することが考えの中心です。そのため、「今日OKならけ!」くらいの感覚で誘ってくるのです。

夕食後の時間から「うちでDVD見ない?」なんてお誘いであれば、間違いなく邪険に扱われている拠です。「飲み会のあと、合流しよ~」なんて男性も気をつけておいたほうがいいですよ!

■ボディタッチが多い

男性は、「こうしているということは、HもOKってことだよね」と、既成事実に基づいて、相手の心をコントロールできると考えがちです。いや、そういう願望が強いといったほうが正しいかもしれません。

ただふたりで話していただけで、急にれしくなったり、触ってきたりする男性に出会ったことはありませんか? そんな男性は、「ボディタッチが多い=体を触れ合うこともOK=ヤれる」という考えであることも……。

本来であれば、相手を許す心があってそうなるものですが、先に行動した事実を作ることで、断りにくくしようという狙いを持っているのです。

下ネタトークがスゴイ

下ネタトークは、ある意味、心のボディタッチとも言えます。実際に体に触れるときと同じ心理で、下ネタがOKなら、エッチな雰囲気になるのもOKで、そのままベッドインアリ!そんな流れを期待しているのです。

単に、会話を盛り上げたり、くだけた雰囲気のスパイスにしたりという下ネタもありますが、ヤリ男性下ネタは、生々しい表現や、プライベートな内容まで突っ込んでくるのが特徴!

普通は隠しているような、恥ずかしい話まで聞き出して、それを知っている特別な男になり、そのまま体を許してもOKな男性へ、飛び級しようとしているのです。

■おわりに

褒められれば、でも嬉しいものですが、それが自分をよく見ていっているのか、そうでないのかには注意が必要です。

自分の居場所がほしい、寂しい、価値を認めてもらいたいと感じているときは特に要注意。自分を受け入れてくれるように感じても、それは一夜限りのことかもしれません。傷つかないためにも、相手を観察して、不測の事態を防ぎましょう!(ライター

カツ編集部)

Couple