好きな人ができると、つい浮足立ってやってしまうことってありませんか?
彼とのLINEメッセージを何度も繰り返してみたり、リアルでは彼を線でつい追ってしまったり……。
人によってはをすると、決まってオシャレになったりするなど、変化が表れる女性もいるかもしれませんね。
でも、に浮かれて相手に引かれる行動を取っていないかは注意したいところ。
今回はそんなNG行動をまとめてみました。

彼に遠慮してしまう

好きな人を前にすると、つい言いたいことが言えず恥ずかしくなってしまいませんか?
特に男性経験が少なく、今までを休んでいた期間が長かったなら尚更ですよね。

でも、「嫌われたくないから」という気持ちから、彼に遠慮し過ぎてしまうのは、ちょっと体ないかも。
というのも、いくら惚れた弱みとはいえ、彼の意見をすべて肯定するかのように返事をしてしまう。はたまた彼にいつも調子を合わせてばかりでは、自分の意見がないように映ってしまいます。

男性は基本的には「追いかけたい生き物」。男性によってはあなたの「好かれたい」という気持ちに感づいて、あなたに対する興味が薄れてしまう原因にもなりかねません。

いくら好きな人の前でも、自分の意見を言う勇気だけは忘れずに。
たとえ彼と意見が食い違っても、「この人はなかなか手ごわい」「自分の言いなりにならない」と、異性として興味を持つ男性も少なくないはずです。

気持ちを押し付けてしまう

をすると彼とLINEでやり取りをするだけでも、挙動不審になってしまうのでは?
リアルでも沈黙を恐れて、つい彼にあれこれと話しかけてしまう女性も多いかもしれません。

相手の行動が気になるのは、それだけ相手に惚れている拠です。

でも、男性って、「意味のない会話」「押し付けの会話」は好きではないのです。「何でこんなこと言うんだろう……」「相手するのが面倒くさいな」

と内心思ってしまうことも。

彼も自分のことが好きならまだしも、片思いの段階でこれをやってしまうと男性は困ってしまいます……。

イグイと積極的に話しかける姿勢は大事ですが、「好き!好き!」という気持ちの押し付けになってしまっていないかちょっと注意してみて。

あくまでも気持ちはキャッチボールが大事ですよ!

好き避けをしてしまう

反対にわざと素っ気ない態度を取ってしまうこともあるでしょう。

相手がせっかく自分に好意を寄せてきてくれても、恥ずかしさでを合わせられなかったり、わざと冷たくあしらってしまったりすることってありませんか?

いわゆる好き避けのこれらの行動。
学生時代であればこうした行動から、相手の気を引けることもあるかもしれません。
でも、大人になってこれをやってしまうと、相手と距離を縮めるまでに時間がかかってしまう一方ですよね。

先ほど、「男性は追いかけたい生き物」と言いました。でも矛盾するようですが「自分を好きになってくれる相手が好き」という一面もあるのです。微妙バランスで男心も成り立っていますから、注意しましょう。

男性によっては「脈ナシか……」と感じて、同じように素っ気ない態度を取られてしまう可性もあります。
せっかくの好意を駄にしないためにも、自然体な態度を心掛けて。
それが異性への魅にも繋がってくるはずです。

足立った行動に要注意

恋愛に慣れていないうちは、こうした行動を取ってしまうこともあるでしょう。
お互いに両想いであれば、こうした行動はなんてことないかもしれません。

でも、自信を持ってができる女性の方が、魅的に映るのは言うまでもありませんよね。
久しぶりの恋愛で浮足立っている女性はちょっと注意してみてください。(柚木深つばさライター

カツ編集部)

Couple having relationship difficulties at outdoor restaurant