高級ブランドの新製品は、時に「なぜこんなものを作り、この値段で売ってしまうのか」と思うようなものがあるが、いま、宝飾品で知られるティファニーの新製品が注されている。

クリスマスを前に、プレゼント玉商品が市場に出回る時期だが、ティファニーが販売するのは「日用品」というコンセプトの品々。およそ2万8000円のストローや、4万8000円の分度器など、とても日用品の額とは思えないが、さらに驚かせているのは、およそ102万円の“毛糸玉”だ。

もっともこの“毛糸”は純製で、値段相応の価値はあるという。ティファニーは「美しいものは特別な場面だけに限定されるべきではない」と述べており、注を集めることに成功。

ネットでは「気が良くなっているのかな」「毛糸玉…おもちゃにするには高すぎるね」「いったい何の意味があるのだろう」「もしそのの糸で何かを編めるとしても元の値段より下がりそう」「かちょうだい!」といった反応が寄せられている。