11月9日に放送された「櫻井・有吉THE会」(TBS系)に、お笑いコンビにゃんこスターが出演。人同士でもある、同コンビスーパー3助とアンゴラ村長の格差が浮き彫りとなった。

 番組では「キングオブコント 2017」(TBS系)で準優勝にいた、にゃんこスターに密着。結成から5カ間、テレビ出演は全くなかったが、今では100本のオファーが来るまでの売れっ子になった。そのにゃんこスター指揮官は、アンゴラ村長。打ち合わせは全てアンゴラ村長が担当し、スーパー3助は帳の外。

 銭面でも明暗が分かれた。キングオブコントは準優勝賞がなく、10月契約した事務所の最初の給料日は、11月中旬。貯がないスーパー3助は日払いのバイトで生活費を稼ぐも、密着ロケでの所持はわずか376円。一方、アンゴラ村長はベンチャー企業でも働いており、実家暮らし。両親からのサポートもあり、毎15万円を貯蓄しているという。

 密着ロケでは、2人が祝勝会と称して洋居酒屋で食事を楽しんだシーンも放送されたが、スーパー3助は「お金がないのでお借りしてもよいですか」と頼み込む始末。4900円の会計アンゴラ村長が支払ったが、「11歳下ですからね」と、きついひと言を放った。

初月給がまだとはいえ、34歳のスーパー3助に対して、11歳も若い23歳のアンゴラ村長が、銭面でも、コンビ内でも、人としても優位。かなりの格差があります。アンゴラ村長からスーパー3助にアプローチして付き合ったそうですが、この先はどうでしょうか。芸界で才のあるタレントを見ていくうちに、スーパー3助が見劣りしてくるかもしれませんね」(エンタメ記者

 ネットでも「どう考えても、アンゴラ村長の相方がヒモ化するよな」「アメトーークに、にゃんこスターの女の方が出演。くも格差が…まぁ、予想通りではある(笑)」「アンゴラ村長かわいいけど、スーパー3助のことも忘れないであげて…」と、くも2人の不釣り合いを心配するが聞かれた。

 スーパー3助の巻き返しやいかに。

石田英明)

アサジョ