現地取材するヴァンデンベンプト記者に訊く、日本人選手の印象

 

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、現地時間14日にヤン・ブレイデルスタディオンベルギー代表と突する(現地時間20時45分/日本時間15日4時45分)。ベルギーの現地TV番組では直前プレビューを放送するなど徐々に盛り上がりを見せているが、ベルギー公共放送局「VRT」のピーター・ヴァンデンベンプト記者は名しで日本人プレーヤーに言及し、二人の選手を称賛した。

 

 ヴァンデンベンプト記者っ先に名前を挙げたのは、ベルギープレー経験があるGK川島永嗣(メス)だ。「彼のことはよく知っている。ベルギーではよく知られた存在だ。チームに大きく貢献したからね」と言及。川島2010年に、川崎フロンターレからベルギー1部のリールセへ移籍。2012-13シーズンから同1部スタンダール・リエージュに活躍の場を移し、ベルギーで5シーズンプレーした。さらに「彼は英語も堪だったし、パーソナリティーも優れていたから、すごくされているよ」と称えている。

 

 二人として同記者が口にしたのは、今ポーランド1部のシロンスク・ヴロツワフからベルギー1部ワースラント・ベベレンに移籍したMF森岡亮太だ。代表合流前に行われた4日のリーグ第14節REムスクロン戦で今季7点を決め、チームも2-0で勝利。開幕から14試合連続でスタメン出場を続け、7得点8アシストと好成績を残す。さらにゴール時の5試合は4勝1分の敗と絶大な影を誇り、ベルギー内での注度はうなぎ上りだという。

 

 

 

「今やチームの中心的存在と言ってもいい」

 

「今、ベルギー内で森岡人気も高まっている。彼は新たなヒーローになりつつある。彼が所属しているのはビッグクラブとは言えないけど、今季好調をキープしている(16チーム中5位)。シーズン前の下評だと『どうせ下位だろう』と言われていたチームが躍進している」

 

 もっとも、ヴァンデンベンプト記者森岡を知ったのは、ベルギーで活躍し始めてからだと明かす。「森岡については、それまで全く知らなかったし、聞いたこともなかった。だが、シーズンが始まると彼は大活躍し、大きなインパクトを与えて人々を驚かせた」と度肝を抜かれたという。

 

 さらに「ゴールを決めるし、アシストもできて、さらにドリブルでの突破も見せる。フットボールを知っているし、今やチームの中心的存在と言ってもいいからね」と高く評価している。

 

 続いて、同じくベルギー1部リーグに所属するFW久保裕也(ヘント)にも言及。今年1月スイス1部ヤングボーイズから、ベルギー1部ヘントにクラブ史上最高額の移籍350万ユーロ(約4億6000万円)で移籍すると、デビュー戦で鮮なFKゴールを決めて新デビューを飾った。

 

 

 

今季の久保は低調「監督のせいかどうかは…」

 

 

 その後も4人抜きからの快弾など、7試合5得点と決定を発揮。「ベルギーに来た当初、印的な活躍を見せて一気に存在感を高めた。ゴールを量産していたからね」とヴァンデンベンプト記者も触れている。

 

 しかし、今季序盤戦はノーゴールが続き、14試合を終えて4ゴール。昨季見せた高い決定は鳴りを潜めており、「今季は今ひとつのようだね。監督のせいなのかどうか、そのあたりはなんとも言えない」とるにとどまった。

 

 活躍した日本人選手がベルギー内で広く知られる存在となっているなか、川島森岡久保の三人はベルギー戦に出場し、勝利を挙げて“凱旋試合”にを添えられるだろうか。

 

【了】

 

大木 勇(Football ZONE web編集部)文 text by Isamu Oki

 

ゲッティイメージ写真 photo by Getty Images

 

 

 

フットボールゾーンウェブ