ベントレー2017年9月フランクフルトモーターショーで初開した2ドアクーペ・新コンチネンタルGT』の4ドアバージョンとなる『コンチネンタルフライング・スパー』次期カメラが捉えました。

詳細画像はこちら

次期では、ポルシェパナメーラ』から流用される「MSB-F」プラットフォームが採用され、ホイールベースが延長されます。ダミーパネルカモフラージュされたボディですが、フロントマスクは「コンチネンタルGT」と同様のデザインとなり、より優でセクシーリムジンになると予想されます。

詳細画像はこちら

ハイライトは、48Vの可変コントロールシステムベントレーダイナミックライド・サスペンション」の搭載により「マジックカーペット」が進化する点。コーナリングをほぼフラットな状態で走れ、これまで以上になめらかな乗り心地を実現します。

パワートレインは最高出550psを発揮する4リットルV型8気筒エンジンや、SUVベンイガ」から流用される新世代6リットルV12気筒ツインターボTSI」エンジンで、最高出626psと思われます。

開発車両の重擬装からも開は先と見られ、2018年終わりから2019年始めとなりそうです。

APOLLO

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

ベントレー・コンチネンタル・フライング・スパー、次期型の「マジックカーペット」はさらになめらかに!(http://clicccar.com/2017/11/15/532026/)