Jタウン研究所が11月10日、「柿の種ピーナッツ、どんな割合が好き?」をテーマに、都道府県別のアンケート結果を発表した。ネットでは、「柿の種多め」の割合が優勢という結果に「黄金比」をめぐる議論が巻き起こっている。

調では、質問の選択肢に「柿の種かなり多め(75~99)」「柿の種少し多め(51~74)」「&ピー半々」「ピーナッツ少し多め(51~74)」「ピーナッツかなり多め(75~99)」の5つを用いた。その結果、トップ3は「柿の種少し多め」(36)、続いて「柿の種かなり多め」(27.6)、「ピーナッツかなり多め」(22.3)の順だった。

地域別では、東北地方九州南部中国地方日本海側で「ピーナッツかなり多め」が集中。県別でみると、茨城県が「柿の種かなり多め」「柿の種少し多め」ともに全均を上回っており、同研究所は「茨城県民には柿の種が好きな傾向があるようだ」と分析。一方、落花生の生産地である千葉県はやはり「ピーナッツかなり多め」が多い結果となった。

Twitterでは、

柿ピー:ピーの割合は8:2が至高”
柿ピーの割合は:ピー=8:2ぐらいがいいなー最近ピーナッツ多すぎて、緩和しすぎて、パンチがない。”

と8:2が理想とするが上がっている。さらに、

ピーナツなど要らない”
“私個人はピーナッツ積極的に食べたくないので柿の種10割でオナシャス

とすべて柿の種でいいというも少なくない。一方で、

“昔は柿ピーの割合は10でいいと思ってたんですけど今は6ピー4が好きですね。10って言う人はにわかですよにわか説できます!”
“大事なのはバランスだ。某柿ピーには柿の種ピーナッツが6:4の割合で入っている。これは長年の経験からくる絶対黄金比だ。個人的には7:3くらいでもいいんじゃないかと思う”

と専門のごとく持論を展開するユーザーも多い。

ちなみに「亀田柿の種」でおなじみの亀田製菓2013年に実施した「亀田柿の種
投票キャンペーン」で、最も支持を集めて1位となったのは「柿の種」と「ピーナッツ」の重量率「7:3」。同社では「6:4」で発売しているが、このときは限定で「7:3」率をリリースしている。

個人の嗜好によるものも大きいが、県民性も影していることがわかった同調ユーザーのこだわりはもちろん、柿ピーされぶりが再認識できる一件だった。
山中一生)

■関連リンク
・「柿ピー」の割合はどれがベスト? 全的に「柿の種多め」優勢、なおピーナッツ名産の千葉県は…
http://j-town.net/tokyo/research/results/251571.html?p=all

千葉県民と思われるユーザーからは「ピーナツのが多い柿ピーなぞまっぴらごめん」と否定する声も