(c)BoredPanda/Raymond Tan

今まで全く関わりなく生活してきたのに、なぜか突然「これをやってみたい」という衝動にかられることってありませんか? オーストラリア在住のとある男性は、ある日突然お菓子作り覚めてしまいました。そしてそれが個性的でとっても可愛いので、SNSで話題を呼んでいるのです。そのオリジナリティーあふれるスイーツをみてみましょう。

AUS在住男性の作るアイスケーキ

(c)BoredPanda/Raymond Tan


(c)BoredPanda/Raymond Tan

シックなデコレーションやひたすらキュートアニマルデコなど、さまざまなイメージが小さなお菓子の上で表現されています。


(c)BoredPanda/Raymond Tan

一見するとアイスキャンディのようですが、実はこのスイーツたちはすべてケーキなんです! 棒付きケーキなんて面いですね。しかもデザイン個性的です。


(c)BoredPanda/Raymond Tan

そして、この繊細で可らしいケーキを作っているのは、オーストラリア在住のレイモンド・タンさん(Raymond Tan)という若い男性。しかも驚いたことにレイモンドさんは、お菓子作りの専門教育を受けたわけではないのだとか。では一体、どういういきさつでこんなに可らしいケーキクリエイトするようになったのでしょう。


勉強の気分転換でケーキ作りに覚める!?

(c)BoredPanda/Raymond Tan

約3年前、レイモンドさんは会計学修士号をとる課程で、勉強の気らしにケーキ作りを始めたのだとか。「招待されたパーティには、必ず自ケーキを持っていくよ」と宣言したので、レイモンドさんは数多くのケーキを焼く機会に恵まれました。


(c)BoredPanda/Raymond Tan

そして様々なケーキ・レシピを試すなかで、時には満足のいかないレシピもあったそう。そういった人に渡せない生地や上手くいったケーキの切れ端などを使って実験するうちに、このアイスキャンディーケーキ(cake-popsicles)のアイデアにたどり着いたのだとか。


(c)BoredPanda/Raymond Tan

このアイスキャンディーケーキスタイルを思いついてから、レイモンドさんのクリエティティはとどまるところをしりません。個性的なデザインたちのインスピレーションは、どんなところからやってくるのでしょう? ご本人が、その秘密を明かしてくれました。

インスピレーションのもとの秘密

(c)BoredPanda/Raymond Tan

レイモンドさんく、インスピレーション建築物や好きなキャラクター伝説上の生き物自然などから得ているそう。


(c)BoredPanda/Raymond Tan

確かにレイモンドさんのケーキには、おユニコーンなどが使われていますね。


(c)BoredPanda/Raymond Tan

そして、様々な場所をすることでも同様にインスピレーションを得ることができるのだとか。そんな彼は、近年ではパリシンガポールなど世界各地でのワークショップコラボレーションイベントに飛び回っているのだとか。仕事で外を訪れることによって、また新たなインスピレーションが得られそうですね!


(c)BoredPanda/Raymond Tan

日本に来る予定はありませんか?」というTABIZINEの質問に対しレイモンドさんは、「ぜひ行きたいので招待をお待ちしています!」とのことでした。日本スイーツ関連イベントで、ぜひコラボして欲しいです。


(c)BoredPanda/Raymond Tan

ご自身のケーキショップを持つ予定は今のところないそうですが、「デザートを作り続けるのが一番の夢」とTABIZINEにってくれたレイモンドさん。いつか日本でも、彼のクリエイトしたケーキ自由に買えるようになって欲しいものです。

[instagram/rymondtn]
[I’m A Self-Taught Baker Who Makes Cake Popsicles From Leftover Cake Scraps]
アイスでしょうか? いいえ、ケーキです。AUS発の可愛いアイス型ケーキ