「年賀はがき」のデザインについて、日本郵便広報室に話を聞いた。

2018年用「年賀はがき」販売中

今年も年賀状の季節がやってきた。

日本郵便11月1日から、「2018年平成30年)用年賀はがき」を販売している。地やインジェット写真用、キャラクター広告付き、寄附付きなど25億8600.8万枚を当初発行。

2018年は「年」ということで「イヌ」をデザインしたものが多い。

ネット上で「肉球可愛い~」「いろいろ工夫されたデザインで面い」「の種類がバラエティーに富んできた」「素敵な1年が過ごせそう」「書く気でてきた」など話題になっている。

会話のキッカケになるアイデアを

年賀はがきは大量の枚数を印刷するため製造期間も長く、通常の切手よりもデザインに着手するという。

売れ筋やトレンド、干支アンケート等を勘案して、どのような券種を発行するのかを検討しているそう。

年賀はがきの多くは、社内のデザイナーデザインしているのですが、各デザイナーが案を出し、市場調等を参考にして決定します。

人気キャラクターデザインした年賀はがきは、版権元のデザイナーコンセプトを伝えて、何度も相談しながらいくつものデザイン案を作成していただき、市場調等を参考にして決定します。

2018年用年賀はがきデザインでこだわった点を聞くと、年にちなんで「スヌーピーの年賀はがき」を初めて発行したという。

ウッドストック)からスヌーピー)へのバトンタッチスヌーピーゴール間、スヌーピーの胴上げと、ストーリー性のあるデザインにしています。

宛名面、通信面ともに全面に淡い色をつけた「いろどり年賀」は、2018年用はうぐいす色の年賀葉書を発行。

他にも、それぞれの年賀はがきに隠れたデザインマイクロ文字(小さな文字)を配したり、「隠れミッキー」や「隠れリボン」を描いたりといった趣向を凝らしている。

お客様が年賀状をお書きになる時や受け取られた時に楽しんでいただけたり、お客様と郵便局の社員との間で会話のきっかけになるような、楽しいアイデアを盛り込むよう工夫しました。

犬種に時代を反映、猫は「童謡」を想起

「寄附付絵入年賀はがき」には、の庭を駆けまわるトイプードルを描く。

種については、その時代に割と好まれているの傾向から検討し、2018年用の年賀では室内を描いています。

弊社のデザイナーが、デザイン性の観点からアイデアを練りました。

12年前(2006年)は「ハスキー」が描かれていた。

日本郵便「寄附金付絵入り年賀はがき」

日本郵便「寄附付絵入り年賀はがき

そして、はがき下部にはなぜか「」のイラストが。年に、なぜなのか。

12年前のインジェット写真用と同じコンセプトデザインしました。

12年前も、料額印面、消印部分、下部カットの3か所を繋げると、「童謡歌詞を想起させるデザイン」となっていて、12年前の下部カットには、こたつを描いていました。2018年用では、こたつではなく、辺でを眺める洋を描きました。

「相手を想う気持ち」を呼び起こしたい

「年賀はがき」に込める思いをる。

古くは平安時代から始まったといわれる年賀状という日本の伝統的習慣は、1873(明治6)年に郵便局郵便はがきの販売が始まったことをきっかけに、一般の人々の間にも広まっていきました。

近年になり携帯電話インターネットの普及、それによる手紙離れが進み、年賀はがきの発行枚数も、2003(平成15)年をピークとして減少傾向にあります。

その一方で、手間をかけた温かみを感じさせるモノやコトにも注が集まりつつあります。

日本郵便では、平成30年という節の年に、めて年賀状本質的価値である「相手を思う気持ち」への気付きを呼び起こしていきたいと考えています。

30年という年振り返り、自分史や家族史を振り返る、以前は懇意にしていたにもかかわらず、ついつい疎遠になっている人を思い出す。これまでに出会った人や今の自分をつくってくれた人、これからの自分に大事な人のことを再認識し、を深め合う。年賀状という1枚のはがきには、そうしたチカラがあると日本郵便は信じています。

関連記事:【取材】レア職種「切手デザイナー」を1名募集中!日本郵便に詳しい話を聞いてみた

戌年なのに、なぜ猫が?「2018年年賀はがき」について日本郵便に聞いた