「マルカ」紙がクラブW杯での対戦を見据えて両者の激突に注目

 

 レアル・マドリード12月UAEで開催されるFIFAクラブワールドカップクラブW杯)で前人未到の2連覇を目指すが、スペイン紙はその準決勝でレアルと対戦する可能性が高いアジア王者を決めるAFCチャンピオンズリーグ決勝を異例の特集。潤沢な資金を誇る中国勢を撃破した浦和レッズの決勝進出について、「サプライズが日本からやって来た」と報じている。

 

「アル・ヒラルと浦和レッズレアル・マドリードを視野にファイナルを戦う」と特集したのは、レアル寄りの報道で有名なスペイン紙「マルカ」だった。

 

「サプライズが日本からやって来た」

 

 元ブラジル代表FWオスカルら名手が揃う“爆買い軍団”の上海上港ら、中国勢ひしめく東アジアを勝ち上がった日本の“赤い悪魔”について、記事ではこう報じている。

 

 2007年にACLを制覇した浦和が、そのままの勢いで同年のクラブW杯で3位になった実績も紹介。だが、このシーズン以外でACL決勝トーナメントに進出できたのは08年と16年のみで、決勝の舞台に勝ち上がってきたのは10年ぶりとなる。

 

「そのメンバーの生き残りは平川とキャプテンの阿部勇樹」と紹介するなか、浦和の今大会最多28ゴールを決めている攻撃力を評価。FWラファエル・シルバ、FW興梠慎三、FW武藤雄樹の3トップとともに、「創造性はチームの頭脳に託された」とMF柏木陽介をキーマンに挙げている。

 

 

 

アル・ヒラルは「大会無敗を維持している」

 

 一方、1991年2000年アジア王者に輝いているアル・ヒラルについては、「彼らの2017年は止まるところを知らないようだ。この大会無敗を維持している」と好調ぶりを紹介。かつて横浜F・マリノスプレーした元アルゼンチン代表FWラモン・ディアス監督が率いるチームのキーマンには、ポルトやニースでプレーしたFWカルロス・エドゥアルドらを挙げている。

 

 日本開催となった昨年のクラブW杯では、開催国枠で出場した鹿島アントラーズが決勝進出を果たし、レアルと延長戦にもつれ込む死闘を演じ2-4と惜敗した。世界最大のブランド力を誇る“白い巨人”の対戦相手候補として、浦和の名前もスペインで大きな注目を集め始めている。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

 

フットボールゾーンウェブ