アイドルグループ乃木坂46の運営委員会は7月10日ネットに出回った、メンバーの橋本奈々未(19歳)が男性2人と一緒に写っているプリクラ画像について、公式サイトに見解を掲載した。また、橋本自身も公式ブログを更新し、画像について釈明している。

乃木坂46公式サイトに掲載された「乃木坂46 運営委員会から 橋本奈々未についてのお知らせ」では、まず、「ファンの皆様をはじめ、 乃木坂46をご支援して頂いてる方々に対してご心配をおかけしております」とした上で、「当運営委員会といたしましては、メンバー加入以前の行動については原則、 犯罪行為を除いて不問といたしております」と、特に問題視しない方針を明かしている。

また、橋本も10日にブログのエントリー「皆さん」を更新。「既にご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、先日、私の高校時代の画像がネットで流れました」と状況を説明した上で、プリクラは「幼なじみ達とふざけてコスプレして撮影した画像です」と釈明し、「不快な気持ちにさせてしまったことと思います。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

そして「今までの感情を持って私と接することが難しい方もたくさんいらっしゃるかもしれません」と、現在置かれている立場を踏まえながらも、「ですが、その方達にもまたいつか見守って頂けるような努力、結果を残すことを約束します。これからも私は変わらず、いつものように頑張っていきます。よろしくお願いします」と力強く想いをつづった。

問題の画像は、学校の制服を着た橋本と思われる女性と、不良風の男性2人が写った2枚のプリクラで、8日頃にネットへ流出。1枚はボンタンを履いた男性と腕を組んで寄り添っているものだった。