中国メディア今日頭条は16日、「日本人がこんなにも韓国のことを嫌っているのに、どうして韓国人日本を理想の海外旅行先に選ぶのかと、韓国メディアが悩んでいる」とする記事を掲載した。

 記事は「韓国観光社が16日に発表した報告書によると、日本人海外旅行的地調では韓国の順位が下がり続けている。2014年には4.4で5位だったのが、15年には3.1の9位に後退し、16年には10位にまで転落した」とする韓国メディア報道を紹介。また、日本人海外旅行先として韓国の地位が低下している背景について韓国メディアが、昨今の北朝鮮核実験による朝鮮半島情勢の緊迫化に加え、「韓流」以外に韓国らしさが味わえる文化的なコンテンツや魅に乏しいことを挙げたことを伝えている。

 一方で、同社が今年1−9月韓国の成人1000人を対に実施した「来年行きたい海外旅行先」に関する調では、日本21トップとなり、2位ベトナムタイ(各7.6)、4位の米国(7.2%)、グアムサイパンオーストラリア香港マカオなどを大きく引き離す結果になったとした。そして「このようなデータが、『日本人韓国旅行が嫌いなのに、どうして韓国人は特に日本旅行したがるのか』と韓国メディアの首を傾げさせたようだ」と解説した。

 記事はまた、日本側、韓国側の調結果のいずれにも中国大陸が出てこないことに着。「日本人にしても、韓国人にしても、中国旅行が好きではないということだ」と摘している。

 記事の言う「韓国メディアが抱える疑問」は、実は中国にも当てはまるのだ。中国ネット上ではしばしば「どうして中国人はこぞって日本に行ってたくさんのお金を使って帰ってくるのに、日本人中国に行きたがらないのか」といった内容のメディア記事を見かける。

 日本人中国韓国に行きたがらず、現状では中国人韓国に、韓国人中国に行きたがらず、どちらとも日本に行きたがる。観光収入が増えるという点では日本にとって悪くはない状況であるが、東アジア市民の相互理解を深めるうえでは、互いの往来がもっと盛んになるべきではないだろうか。(編集担当:今関忠)(イメージ写真提供123RF

なぜ韓国人が喜んで日本観光へ行きたがるのかが理解できない=韓国メディア