日本プロサッカーリーグJリーグ)2部所属のV・ファーレン長崎(以下V・ファーレン)が、11月11日カマタマーレ讃岐戦で勝利を収め、1部リーグ(J1)昇格を決めた。これは2005年クラブ設立後初となる快挙で、サッカー界を賑わせている。

 しかし、同クラブがJ1に昇格するまでの道のりは、決して順風満帆なものではなかった。

 今年2月に約1億4000万円という多額の赤字決算が発表され、当時の経営陣が辞任。資金不足による3部リーグ降格もあり得るという状況で、前社長がクラブハウス内に開設した整骨院にて療養費の不適切な保険請求が疑われるなど、かつては暗いニュースばかりが影を落としていたのだ。

 そんな危機を救ったのが、通販大手のジャパネットホールディングス(以下、ジャパネット)。長崎県佐世保市に本社を置くジャパネットは、2009年からV・ファーレンのスポンサーとなっていたが、今年5月にクラブを完全子会社化したのである。

 クラブの代表取締役には、ジャパネット創業者の高田明氏が就任した。同社の経営は2015年から長男の旭人氏に引き継いでいるも、現役時代は自社通販番組のMCを務めるなど大活躍していた高田氏は、知名度も実績も充分。ジャパネットを一代で大企業に発展させた手腕はV・ファーレンの運営にも生かされ、まさに今回のJ1リーグ昇格の立役者だと評価されている。

 そこで、いかにしてV・ファーレンをクラブ再生へと導いたのか、高田明氏本人に話を聞いた。

サッカークラブ運営も目的はビジネスと一緒

 まず、高田氏がクラブの代表取締役に就任した経緯を改めて振り返ってもらった。

「今年の2月頃、今のジャパネット社長である長男から『V・ファーレンをどうにかしたい』と相談を受けました。私も『長崎からサッカークラブがなくなってしまうのは大変だ』と感じていましたし、クラブの経営を安定させるため、V・ファーレンをジャパネットグループに加えたのです。

 私はもともとスポーツを観ることが好きで、昔からV・ファーレンのホームゲームにも応援に行っていましたが、自分で実際にサッカーをしているわけではありません。ただ、社長に就任するときは『サッカービジネスミッションは同じだから、できないことはない』と考えていました。

 スポーツビジネスの共通の目的は、人々を元気で幸せにするということです。今の社会にはいろいろな問題がありますが、スポーツを観ている間、人はすごくハッピーな気分になれますよね」(高田氏)

 サッカーに関しては、素人と呼んでも差し支えない高田氏。ひたすらクラブの経営再建に徹することになるも、ふたを開けてみれば、そのシンプルな姿勢が功を奏したようである。

「私が社長に就任した当初、V・ファーレンは収支のバランスが合っておらず、選手の給料も払えないような状態でした。私は数カ月、サッカーの専門家としてではなく“一経営者”として現状を把握し、正常な形に戻すという努力を続けてきました。

 また、クラブ運営をジャパネットが引き受けたところで、長崎県民のみなさんやファンのみなさんからすれば『V・ファーレンを強いチームにしてほしい』という願いは変わりません。私が考えていたのは、経営を安定させるのはもちろん、どうすれば監督と選手の気持ちを鼓舞し、J1昇格を目指してもらえるかということでした。

 そうなるとやはり、監督と選手には余計な雑念を持たず、練習と試合に集中してほしいということになります。クラブ運営のことは会社が、サッカーのことはプロである監督や選手たちが、それぞれ役割をきちんとシェアしながら進めるのが最も効率的ですよね。私はみんなに『経営は私が立て直しますから、安心してください』と伝えました。それで監督の手腕、選手の努力の甲斐があって、それまで以上の力を発揮でき、J1昇格に行き着いたのだと思います」(同)

●さまざまな施策を打ち、ホーム球場は大幅な観客増

 クラブがJ1リーグ昇格を決めた試合で、本拠地のトランスコスモススタジアム長崎(諫早市)には、今季最多となる2万2407人もの観客が詰めかけていた。何がきっかけで、ここまで大勢のファンが足を運ぶようになったのだろうか。

チームが試合に負けなくなって話題に上がってくれば当然、スタジアムまで応援に行ってみようかとファンも増えてきますよね。あとはサッカーを観るだけではなく、お客さんが試合前・試合中・試合後と丸一日楽しめる空間作りをするにはどうしたらいいのか、あちらこちらを視察して勉強しました。

 たとえば、試合前においしいスタグル(=スタジアムグルメ)を味わえるようフードコーナーを活発にしてみたり、グッズの売り場を広げてみたり、子どもが遊べるような企画をしてみたり。試合のハーフタイムには花火をあげることもありましたし、J2としては珍しくスタジアムにLED看板を設け、臨場感を出しているというのもあります。そういった工夫を、コツコツと積み重ねてきたのです。

 経営難に陥ったとはいえ、今までのクラブの取り組みには無駄ではなかったものもありますので、残すものは残し、ダメなものは捨て、なおかつ新しいものを加えていく。このような考え方で私は現在も改善・改革にあたっており、そのなかで監督と選手が存分にがんばってくれた結果、今回の集客や戦績につながったのではないでしょうか」(同)

 来季はJ1昇格ということで周りからの期待も必然的に高まるだろうが、選手たちがそれに応えられるよう、会社としてのバックアップ体制は順次強化しているという。

「V・ファーレンは元陸上選手の為末大さんに走り方の指導をしていただいており、メンタル面ではスポーツドクターの辻秀一先生を講師に招いています。また、タニタ食堂と契約して食事指導に乗り出したり、良質な睡眠の確保のため『エアウィーヴ』のマットを選手たちに使ってもらったりもしています。そういう環境づくりに投資をし、選手のコンディションを整えていけば、今後より一層の力を発揮してくれることでしょう」(同)

●選手の士気を高めるために海外旅行もプレゼント

 これら以外にも、高田氏は自宅にて選手たちとの食事会を開いたり、今冬にはJ1昇格を祝して選手たちをハワイ旅行に招待する予定だったりと、その太っ腹な対応には世間から好意的な声が多い。そこにはいったい、どんな意図があるのか。

「食事会については取り立てていうほどのことでもないのですが、私もジャパネットを30年近く経営してきましたから、選手みんなの思いがひとつにならなければミッションを果たせないということはわかっているつもりです。モチベーションを上げるという意味では、食事会のようなコミュニケーションの機会はすごく有効です。

 ハワイ旅行は、選手との食事会の席で私が酔った勢いで『J1に上がったら海外に一緒に行くぞ』と、つい言ってしまったのが最初でした。勢いで言ってしまいましたが、約束は約束として私財を投げ打ってでも個人的に連れて行こうと思います(笑)シーズンオフの期間でも選手はみんな忙しいのですが、なんとか日程を調整したいと思っています」(同)

 最後に、V・ファーレンにまつわる将来の展望を聞いた。

「『1年先、2年先にはどうなりたい』というより、一日一日をどのように改善・改革していくかを意識しながら、日々精進していこうと考えています。それを実行できたからこそ、今季はJ1昇格を決められたのだと思いますし、人間は常に自己を更新していくことが大事でしょう。“今”を一生懸命にがんばっていたら、目標には自ずと近づいていけるはずです。

 それに、監督も選手もスタッフも特別ではなく、みんな同じ立ち位置にあります。スポーツから礼儀や挨拶を学び人間性を磨くということも、V・ファーレンのようなプロチームの課題ではないでしょうか。

 ジャパネット以外のスポンサーや行政、ファンのみなさんの知恵を借りながら、これからもっともっとV・ファーレンを県民の誇れるクラブにしていきたいですね。そのための力がだんだん湧いてきていることを、私も実感しています」(同)

 ジャパネット時代とはまた違った“名物社長”として、新たなキャリアを歩み始めたばかりの高田氏。長崎のみならず、日本中を大いに盛り上げてくれそうだ。
(文=森井隆二郎/A4studio

「V・ファーレン長崎 HP」より