ここ1年ほど、女性アイドルグループ業界は「アイドル戦国時代」といわれている。これがどういうことかを示す、象徴的な本が登場した。『全国あいどるmap 2012-2013』(エンターブレイン)に登場するのは、北は北海道から南は沖縄まで、全国各地を拠点に活動するアイドルばかり。アイドルと聞いて連想するAKB48ももいろクローバーZ以外にも、これだけの数がいるということに驚かされる。

 そこで、この本を企画したプランナーの山村哲也さん、そして取材・執筆を担当した、アイドル取材を数多く行っている音楽ライターの南波一海さんに、出版のいきさつや全国のアイドル事情を語ってもらった。

――アイドルと聞いて、普通の人が思いつくのはAKB48ハロプロだと思うんですが、『全国あいどるmap 2012-2013』に載っているのは、それ以外のアイドルということですか?

山村哲也(以下、山村) コンセプトとしては、東京以外で活動している女性アイドルグループです。あまりそういうふうに言われたくない人もいるらしいんですが、わかりやすく言うと「地方アイドル」ですね。

南波一海(以下、南波) ご当地感があると思われたくないアイドルもいるんですよね。だから、この場所に住んでいるアイドル、ぐらいにしてます。

――おふたりが地方アイドルに注目し始めたきっかけを教えてください。

山村 昨年までレコード会社に勤めていたので、アイドルの情報は得ていました。でも一番のきっかけは、ちょうど1年前にタワーレコードから「T-Palette Records」という、アイドル専門レーベルが立ち上がったことですね。嶺脇育夫社長がアイドル好きなのは知ってたけど、そこでNegiccoリリースするということと、LinQっていう福岡のグループがいることを知って。秋葉原で行われたインストアイベントが、すごく面白かったんですよ。ただの地方アイドルって思ってたのが、みんなかわいいし、曲もいい。こういうのってどれぐらいいるんだろうって調べ始めたところ、全国各地にいるらしいと。オタク気質に火がついて調べ始めたんですが、調べる上で、個人的に選手名鑑みたいなのが欲しかったんですよね。同じようなことを思ってる人はきっとたくさんいるだろうし、全国のアイドルファンは助かるんじゃないかなって思ったのが、この本を作るきっかけになりました。

――タワレコ嶺脇社長のアイドルへのハマリっぷりは、『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)でも特集されて話題になりましたよね。

南波  僕はもともと、グラビアアイドルが好きだったんですよ。父親が出版関係だったこともあって、子どもの頃から家に漫画雑誌がいっぱいあったんです。こないだグラビアやってた人がテレビに出るようになったとか、マイナーな雑誌に出てた人がメジャーな雑誌に移ったとか、政治的な部分をチェックすることが好きで、それはいまだにやってます(笑)。大人になってから、そういうことを人前で語る機会も増えてきたんですが、評論をしているうちに、AKB48グラビアに入ってきたんです。これはグラビアという一面だけでは語れないな、アイドルの音楽もチェックしないと、という思いが大きくなってきた。音楽誌がももいろクローバーZを取り上げるようになって以降、アイドルを音楽サイドから書くことが急に増えました。その頃はアイドル全般については詳しくなかったんですけど、これはちゃんと調べないといけないぞって思ったんです。

――音楽ライターとして、アイドル音楽も押さえないといけないと?

南波 それもあるし、アイドルについての評論をファンの目にさらされるということが、こんなにも過酷なことなのかと身に染みたという(笑)。下手なこと書いたら集中砲火。そこからはスイッチが入ったように、毎日アイドルライブに行って、お金がなくなるまでCDを買いました。地方にもアイドルがいっぱいいることがわかったから、現地にも行ったりして。

――地方アイドルって、いつ頃からいるんでしょう? 有名になった新潟のNegiccoは結成10周年ということですが。

山村 1995年に徳島で生まれたココナッツというグループが最初といわれてますね。今は名前を変えて、ココナッツJr.になってますが。その後、青森のりんご娘というグループも生まれました。

南波  「~ッ娘」みたいなグループはけっこう前からあって。それこそ、モーニング娘。がはやった後、軽いブームになったんですよ。2000年代中頃にはコンピレーションCDも出てたし。でも、今のブームは確実にAKB48の影響で、「会いに行けるアイドルを、うちの地元でも作っちゃおう」という感じ。06年にAKB48メジャーデビューしたんですが、ここに載ってるのは10~11年ぐらいに結成されたグループが多いです。

――ここ1~2年は「アイドル戦国時代」ともいわれていますね。この本を読むと、全国にこれだけアイドルがいるということを実感できます。まさに陣取り合戦。

南波  昨年と今年ではまた状況が違っていて、すごいスピードで変わってるんです。アイドルグループはどんどん誕生しているし、今年は昨年よりも地方のアイドルたちがイベントプロモーションのために、しょっちゅう東京に来てる。昨年の早い段階では、地方に行かないと見られないグループも多かった。

山村 アイドルが出るイベントもどんどん増えていますしね。そのあたりについては、この本の中で「THEアイドル通対談」として、タワーレコードの嶺脇社長と、TOKYO IDOL FES総合プロデューサーの門澤清太さんに語ってもらっています。アイドル側は大変になってるかもしれないですね。みんな深夜バスや車を使って、頑張って東京に来てますよ。

――地方アイドルの彼女たちは、いつか東京に出たい、AKB48ももクロのように成功したいと思ってるんでしょうか?

山村 純粋にアイドルが好きで、今だけアイドルができてうれしい、って子もいれば、将来の夢を聞くと「保母さんになりたい」って答える子もいるし。それぞれですね。

南波  アイドルになるのは、ひとつのプロセスって感じもします。現代っ子らしいというか。カリスマ性があった昔のアイドル像とは、違うかもしれないですね。大学進学かアイドルか、という選択肢で大学を選ぶ子もいる。昔よりはアイドルが身近になってるんですよ。ただ続けるとしても、いつまでもアイドルとしてはやってられない。となるとPerfumeみたいに、アーティスティックな方向に進めるかどうか。実は、みんなが目標にしてるのは、そこだったりするんですけど。

――でも、アイドルアーティストって何が違うんでしょう?

南波  ホントそうなんですよ!(質問に食い気味に) 俺も心の中では「アイドルアーティストはそんなに違わないよ、そんなの気にしなくていいよ」って思ってるんですけど。

――Perfumeきゃりーぱみゅぱみゅは、アーティストアイドルというイメージですからね。

南波  すごくシンプルな線引きとしては、握手会をするかしないかじゃないかな(笑)

――Perfumeきゃりーぱみゅぱみゅ中田ヤスタカ氏がプロデュースしていますし、やはりアイドルには音楽の良さは不可欠ということでしょうか。

山村 確かに、有名な人が曲を手がけてることも、けっこう多いんですよ。その土地の出身者だったり、かつてバンドをしてたミュージシャンが地元に戻って曲を書いてたり。それも調べてて面白かった理由のひとつなんです。

南波  でも僕は男なんで、アイドルかわいい・美人・エロいとかっていうのは大事です。「今のアイドルは曲がいい」ってことだけをやたら主張するのって、ウソくさいじゃないですか(笑)。そういうこと言う人いっぱいいるけど、かわいくなかったら絶対ハマらないだろって言いたい! ビジュアルから入るのも正しいんですよ。

山村 この本を見てもらうと、自分が住んでるところにこれだけアイドルがいるんだっていうことに驚くと思います。こないだあそこの広場でやってた子たちだ、みたいに。下手すると同級生の娘さんとか、遠い親戚の子とかいるかもしれないですよ(笑)。それに彼女たちって実家住まいの子たちだから、すごくちゃんとしてる。東京で一人暮らししてるアイドルがちゃんとしてないとは言わないですけど(笑)。昼間は学校に行って、夜も家に帰ってご飯食べるみたいな。みんなピュアですよね。アイドル業界は日々変化しているので、毎年更新するように最新号を出せたらうれしいですね。
(取材・文=大曲智子)

●やまむら・てつや
レコード会社、ロック系音楽事務所等の勤務を経て、2011年よりフリープランナーとして独立。イベントコーディネーター、音楽ライターほか、ボカロPとしても人気のあるアーティストである、米津玄師ナノウプロモーターでもある。

なんばかずみ
ヒップホップユニット□□□クチロロ)のメンバーとして活動した後、2008年に脱退。音楽ライターに転向する。音楽の幅広い知識を活かして様々な音楽専門誌で執筆中。女性アイドルのほか、ジャニーズK-POPなどにも造詣が深い。