一度精面に不調を抱えてしまうと、回復するのには本人が思っているよりも時間がかかることがあります。

それぞれに自分と相談しながら様々な方法を試すなかで、「食事」に注して自身の症状を善させたのが、『薬を使わず 自分のうつを治した精神科医のうつが消える食事』アスコム刊)の著者で、精科医の宮島賢也さんです。

宮島さんが、うつに対抗するための食事でポイントとしていたのは「体にを溜めないこと」と「腸内環境を整え、を元気にする食事を心がけること」だったそう。

これらは具体的にどういったことなのでしょうか。

■水をたっぷり飲んで体から毒を出す

うつから抜ける食事の第一のポイントは、体にを溜めないこと。

宮島さんが実践したのは、果実と生野菜玄米中心の食生活でした。まず、体にできるだけを入れないように心がけると同時に、体に入ってきたを流すためにをたっぷり飲むようにしたそうです。

安は、体重の30分の1。宮島さんも、最低でも1日2リットル、一時期は1日5リットル以上飲んでいたといいます。

リットルを大きなペットボトル1本と考えるとかなりの量ですが、私たちが1日に体外に出す分量の均は2~2.5リットル。それを考慮すると、体にを溜めないようにするために、分はもっと積極的にとっていいものかもしれません(ここで紹介しているの量はあくまで安です。実行する際はご自身の体調や健康状態に十分ご注意ください)。

■味噌汁で腸内環境を整えて症状改善!

宮島式では、腸内環境を整える食事もすすめています。

近年、腸の研究で、腸内環境が悪くなるとの働きに影を与え、心のバランスが崩れることがわかってきました。

腸内環境を整える食材としてよく知られているのが乳酸菌です。宮島式でとくにすすめているのが、植物乳酸菌。伝統的な日本の発酵食品に含まれるもので、納豆味噌ぬか漬けしょう油日本酒などがあります。毎、一杯の味噌汁を食べるだけで、うつの症状善に効果があるとしています。

■不快な症状は脳の栄養不足かも?

宮島式で玄米菜食をすすめるのは体にを入れないことも理由のひとつですが、に栄養を与えるという的もあります。というのは、心のバランスが崩れているのは、低血糖症が原因かもしれないからです。

血糖値が標準値を下がると、脱感や疲労感、不安感などの症状が出てきます。まさに、うつの症状です。低血糖症をもたらすといわれる食材は、砂糖パンうどんそうめんラーメンなど。つまり、食を玄米に変えるだけで、エネルギーを安定供給することができるようになるといいます。

『うつが消える食事』では、このほかを元気にする食材として、ビタミンCカルシウム、レシチン、亜鉛DHA、EPAなどが含まれる食材も具体的に紹介しています。
(新刊JP編集部)

『薬を使わず 自分のうつを治した精神科医のうつが消える食事』(アスコム刊)