いかに日本酒に親しんでもらうか。そのきっかけを作るべく、11月24日から3日間、ロンドン内東部タバコドックで行われた日本文化のイベントハイパージャパン」にて「カクテルワード」が開かれた。

同アワードでは、3日間の開催期間中に毎日3種類のカクテル提供され、5ポンド(約750円)のチケットを買った参加者の投票により、その日の優勝カクテルとその考案者が合計で3人選ばれる。今回は、「にごり」「梅酒」「純」をベースにした3種類のカクテルが披露され、3日間で合計9種類のカクテルが作られた。

ロンドンではどんな日本酒が好まれるのだろうか? 

ごりベースカクテルが人気
初日と2日はどちらとも、にごりベースにしたカクテル1位に。最終日は梅酒ベースカクテル1位になった。

初日の優勝カクテルは、ロンドンナイツブリッジにある「ブッダ・バー」に勤める中国イギリス人ネーソン・ホーさんが生み出したトロピカルカクテルサケ・ミー・サイドウェイズ」だ。マンゴーもち米デザートというアジアインスピレーションから、にごりココナッツクリームレモンウォッカ柚子ジュースマンゴーシロップを加え、トロピカルアロマを出した。カクテル名の由来は「サック・マイ・サイドウェイズ(日本語訳「ちくしょう! 」)」という、驚きやいらだちを表現する英語スラングにちなみ、言葉遊びで付けた名前だ。

2日は、内中心部メイフェアー地区のバースミスアンド・ホイッスル」でシェイカーを振るイタリアミケラ・レイナさんが優勝。「ミズチ・チャレンジ日本語訳『(みずち)の挑戦』)」と名付けられらたレイナさんの作品は、にごりミルク状の口当たりを生かして特製ミルクポンチとして仕上げられている。「」とは、古来より中国日本で怖れられてきた、の姿をしたつかさどる伝説上の霊もしくはのことである。

最終日は、イギリス南部沿いの町ブライトンでカクテルケータリング会社「カンパイカクテルズ」を営む日本人岡田一郎さんの「紀州フルーツアイスティー」が1位に。梅酒ジャスミンアマレットジンレモンジュース、自製のピーチオレンジシロップを加えてシェイクし、かち割り氷を入れたハイボールグラスで冷やして、仕上げにジャスミンレモンの皮をふりかけている。


過去もにごりの人気が高かった
実は2015年に開かれた第1回のカクテルワードでも、3人の優勝者のうちの2人がにごりベースカクテルを担当した。この傾向から、にごりが持つ濁した見た酵母味、ドロッとした喉ごしなどの特徴が、カクテル作りにおける発想や技量より以前に、清酒以外の日本酒に親しみのないイギリス人の趣向に合うのではないか、ということも推測できる。

イギリスでよく飲まれるギネスビールなどのスタウトや、ロンドンで人気のとんこつラーメンスープも、にごりと同様にとろみのある口あたりだ。

最終日の優勝カクテルベースとなった梅酒も、日本酒 (清酒) にべて味がはっきりしているである。岡田さんも「梅酒味もありイギリス人にとって分かりやすいお酒日本酒味はデリケートであるため、より香りの強いワインべると、どうしても押されてしまう」と打ち明けた。


カクテルが今後の日本酒の可性を示す
日本酒カクテルにしてしまうことに抵抗感を覚える日本人も多いかもしれない。しかしカクテルは、日本酒を飲み慣れた人が少ないイギリスにおいて、日本酒を広めるための画期的な試みになる可性を秘めている。

その一助となるのが、カクテルワードに参加したようなミクソロジストたちの存在だ。ミクソロジストとは、季節感や土地柄、バーパーティーの雰囲気を意識しながら、テーマコンスプトに合わせて材料を選び、カクテルを作り出す人たちのこと。「ミクソロジー」とは、「混ぜ合わせる」という意味の「ミックス」から生した造で、「ミックス学」もしくは「ミックス論」と訳せる。

ミクソロジストは、各種材料を混ぜ合わせてカクテルを作る専門という意味で、近年同じカクテル提供する職種でもバーテンダーと区別して使われることが増えてきた。一方で、バーテンダーは「客をもてなす」という基本理念にのっとり、客の要望に答えながら既存のレシピでカクテルを作り提供する職種をす。時にはミクソロジストがオリジナルカクテルレシピやシロップなどの材料自作し、それをバーテンダーに提供することもある。

アルコール消費量が減少傾向にある日本において、各日本酒メーカーや蔵元にとっては海外市場への参入は免れなくなってきている。日本酒本来の、繊細な香りと味わいを広めることも大切ではあるが、まずはいかに日本酒への障を取り除き、そのの人々に受け入れてもらいやすくするのかが日本酒世界進出への第一歩だ。「カクテルイギリス日本酒が広まるきっかけになるかもしれない」と岡田さん。参加したミクソロジストたちのカクテルにはそんな期待も込められている。
ケンディアナジョーンズ

純米酒をベースにカクテルを作る