ナイキ社がスポーツ用を初製作UAEの「ヒジャブプリンセス」がモデル起用で話題

 スポーツメーカーのナイキ社が、イスラム教徒の女性を覆うスカーフ「ヒジャブ」を初めて製作フィギュアスケートで将来的な五輪出場をUAE人選手が着用し、自身のインスタグラム開して話題を呼んでいる。

 ナイキ社はこのほど、同社初のスポーツ用「ヒジャブ」を製作。実際に着用し、モデルとなっているのがUAEフィギュアスケート選手、ザーラ・ラリだ。

 ラリは中東UAE出身ながらフィギュア打ち込みヒジャブを着用した選手として初の際大会に出場。今年2月札幌で行われたアジア大会では18位に終わったが、美貌に加え、美しい演技で日本ファンも魅了していた。しかし、イスラム教では女性は肌を隠さなければならず、衣装も通常選手とは異なる工夫をしなければならなかった。

 そんな中でナイキ社が「ヒシャブ」の開発に初めて着手。自身のインスタグラムで着用した画像を開している。の生地で側頭部のあたりにおなじみのロゴマーク。顔の輪だけが露出されるようにデザインされ、両手でポーズを取っている。投稿には「私たちは止まらない!」と記し、強い決意が見て取れる。

 実際に画像を見たファンからも「誇りに思います」「璧!」「なんてかわいいの」「これはアメージングだ! まさに全ての人のロールモデルだよ」「ビルボド・スタイル!」と称賛を呼んでいた。

 ラリは22歳。将来的に五輪出場に期待がかかる。「ヒジャブプリンセス」は新ヒジャブを手にして躍進なるか。注したい。

ジ・アンサー編集部文 text by The Answer

【画像】“ヒジャブプリンセス”に「なんて可愛いの」の…ラリがインスタグラム開したナイキ社の“初製作モデル”の一枚


ヒジャブプリンセス”に「なんて可愛いの」の…ラリがインスタグラム開したナイキ社の“初製作モデル”の一枚

UAEのフィギュアスケート選手、ザーラ・ラリ【写真:Getty Images】