2018年3月3日開される『映画ドラえもん のび太の宝島』の題歌・挿入歌を星野源が担当することが決定した。

このニュースのポイント

シリーズ38作品映画ドラえもん のび太の宝島』の題歌・挿入歌を星野源が担当
・挿入歌入りの特報映像とポスタービジュアルが解禁
・『映画ドラえもん のび太の宝島』は2018年3月3日より全

映画ドラえもん のび太の宝島』は『映画ドラえもんシリーズ38作品を迎える最新作。く大やどこまでも広がるが印的な”宝島”を舞台に物語が繰り広げられる。俳優大泉洋のび太たちを襲う海賊船の船長キャプテンシルバー”役で出演することが発表されたことでも話題に。

監督は、TVアニメドラえもん」の演出を数多く手がけ、映画シリーズ監督を初めて務める今井。脚本は、映画君の名は。』『バケモノの子』などを手掛けた映画プロデューサーで、小説家としても活躍する川村元気が務める。

以前からドラえもんファン言する星野だが、今回のオファーを受け、新たに詞曲を書き下ろした。38年続く「映画ドラえもんシリーズ歴史の中で、同一アーティストが2曲書き下ろすのはシリーズ史上初となり、星野源が歌う新曲に期待が高まっている。

まだ題歌の詳細は明らかとなっていないが、挿入歌となる新曲「ここにいないあなたへ」は心温まるバラードとなっており、特報映像にて楽曲の一部が解禁された。

また、星野は楽曲提供にあたり以下のコメントをしている。

「大好きな『ドラえもん』の長い長い歴史の中に音楽家として参加できることを、とても嬉しく思います。今回の新作映画のび太の宝島』、そして『ドラえもん』という作品そのもの、すべてを生み出した藤子・F・不二雄先生に向けて題歌・挿入歌を書かせていただきました。ファンとしても開の日を楽しみにしております。」

© プロ小学館テレビ朝日シンエイADK 2018

同時に解禁されたポスターは、海賊衣装に身を包んだドラえもんのび太しずかジャイアンスネ夫が、い波しぶきを上げながら大きな帆船を走らせる、躍動感あふれる油絵タッチが印的なビジュアル。さらに、海賊船の一員として登場するミニドラ、今作オリジナルキャラオウムロボットクイズの姿も。これから訪れる冒険を待ち侘びるようなドラえもんたちが見つめる先には、夢とロマン溢れる宝島が待っていると期待させるポスターに仕上がっている。

映画ドラえもん のび太の宝島』は2018年3月3日より全開。