入社5年を迎え、ついにキャラを解放させてきた?11月27日放送のバラエティ番組「レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系)で、アシスタントを務める同局のアナウンサー香アナが、ある摘について認める場面があった。

 この日の番組のオープニングトークで、MCオードリー若林正恭は「『中さんってMステミュージックステーションの時と違うよね?』っていろんな人に聞かれるんだけど」と切り出しMステアシスタントを務めている時のキャラと、同番組でのキャラが違うという摘がよく自身に入ってくることを明かした。

 若林はそれを受け、久しぶりにMステを視聴し、中アナの様子を見た感想として「自分の中で、衝動を抑えてやってるの?」「何か狂気を抑えて…」と、やはり同番組とのキャラ違和感を覚えたとしている。

 これに中アナは笑いながら「狂気なんてないですけどね」と否定。ただ、若林が「何かガマンしてるの? ここで何か言いたくなったのを、こう『いけない』みたいな」と、質問のテイストを変えると、中アナは「まあ、そうですね」と、あっさり“キャラ違い”を認め「ミュージックステーションは、ミュージックステーションですから! 私が出る場所じゃないっていう…」「『レアさん』は、まあ別にね…(番組の)歴史もないし、別に。大丈夫!」と、歴史が浅い同番組では本性が出せるといったような発言を披露した。

 ネット上では「確かに『Mステ』では清楚っぽいけど、全然違うよね」「だんだん本性を見せてきたな」「中アナは裏の顔がすごそう」と、そのキャラ違いには薄々気付いていたといったようなが多数上がっている。

若林は『レアさん』の11月6日放送回のオープニングトークでも、中アナについてのエピソードを披露。それは中アナとスタッフを含めた食事会が終わり、タクシーに乗る際、若林スタッフ挨拶していると、中アナは若林に『人見知りなのに頑ってしゃべってやんの』とを吐かれたというもの。この出来事について、若林は『こんなことを飲み会の最後に言う女子アナっている!?』と衝撃を受けたと話しています。今回もオープニングでこういったトークを披露するということは、それだけ若林が一番に中アナのキャラ違和感を持っているということでしょう。ともあれMステだけを見て、清楚キャラと判断するのは間違いのようですね」(エンタメライター

 大学時代は「ドSキャラだった」などという噂もある中アナだが、その本性が全にテレビで出てくる日もそう遠くはない?

本多ヒロシ

アサ芸プラス