ニール・ヤング50年以上のキャリアを網羅した全ての音が現時点で無料で視聴できるサイト、<Neil Young Archives>(NYA)が開された。彼のソロバンドリーダーとしての作品はもちろん、バッファロー・スプリングフィールド(BS)、クロスビー、スティルス、ナッシュヤング(CSNY)の楽曲が全て開されており、映像や書籍など関連資料の項もある。

 理想的な条件下であれば、リスナーヤングが開発に関わったハイレゾストリーミングプラグイン、Xstreamを通じて彼の音楽カタログを体系的に聴き進めることができる。高音質が重すぎる場合はページ上部のトグルスイッチ320kbsに下げることも可だ。

 古いステレオファイルキャビネットを模したキッチュなインターフェイスは、まるで90年代の冒険解きゲームのように難解な面も否めないが、これは自発的な発見を促すためだろう。ホームページにはヤングによるチュートリアル動画があり、NYAの狙いと方法論を説明する文章も開されている。まずはタイムラインからスタートし、年代ごとにヤングのキャリアを追うのが一番分かりやすいかもしれない。

 Pitchforkによると、未発表アルバムである『Chrome Dreams』、『Homegrown』、『Freedom Live』もリストに載っているがストリーミングはされていない。また、BSCSNYの楽曲でヤングが書いていないものがまだストリーミングされていないようだが、ニュース・セクションにはアップデートもあると書かれているので、今後追加される可性はある。

 ニール・ヤングプロミスオブ・ザ・リアルニューアルバム『ザ・ヴィジター』も数日前に開されている。

ニール・ヤング、自身の音楽カタログをハイレゾ品質で無料公開