堂(東京都千代田区)は2017年12月4日、「三堂 辞書を編む人が選ぶ『今年の新2017』」として、そのベスト10を発表した。

「国語辞典の書き換えを迫る出来事」

堂の公式サイトツイッターでの募に寄せられた延べ2452(異なり1072)から、辞書の編集を担当する選考委員が「今後定着しそうな言葉」の観点でベスト10を選出した。

大賞は「忖度」。奇しくも「ユーキャン新語・流行語大賞」(自由民社催)と同じだった。

受賞理由は

国会での議論を発端に、『相手の気持ちを推測すること』という意味から、『有者に気に入られるための推測』という意味で使用される例が立つようになった」
「従来『○○忖度する』の形で使うことが一般的だったが、『忖度が働く』『忖度が入っている』など『忖度』がフレーズ(句)の形で使われることが多くなった」

の2点だという。

「今年の新」の発案者で選考委員を務めた、国語辞典編纂者の飯間浩明さんは12月4日ツイッター

「『今年の新2017』の独自性を打ち出すには、『忖度』を大賞に選ぶのは良策でない」

とした上で、

「でも、『忖度』の新用法の出現は、今後の国語辞典の書き換えを迫る最大最強の出来事でした。視はできません。『これって忖度〔=有者に配慮して企画自粛したりする〕だよね』などの言い方は今後増えるでしょう」

と説明した。

2位は「インフルエンサー」

2位は他人の行動に影を与える人をす「インフルエンサー」、3位はインパクトのある言葉の意をもつ「パワーワード」だった。

以下、4位「○○ロス」、5位「フェイクニュース」、6位「」、7位「仮想通貨」、8位「オフショル」、9位「イキる」、10位「きゅんきゅん」の順。

また選考でトップ10の補になりながら「選外」になったものとして「まんじ)」「プレミアムフライデー」「熱盛」などがあったという。<J-CASTトレンド>

「今年の新語2017」