舞台『おそ松さん on STAGESIX MEN’S SHOW TIME 2~』の記者会見が4日都内で開催され、クズニートな6つ子役を演じる高崎翔太おそ松)、柏木介(カラ松)、植田チョロ松)、北村諒(一松)、小澤廉(十四松)、赤澤太郎トド松)らが出席した。

【関連】舞台『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2~』公開記者会見フォトギャラリー

 赤塚不二夫氏による名作おそ松くん』を原作としたテレビアニメが、2015年9月から2クールにわたって放送され、流行にノミネートされるなど、社会を巻き起こした『おそ松さん』。2016年に上演された舞台版の第1弾に続き、今回その続編が2018年2月より大阪東京で上演されることが決定。会見には6つ子のイケメンver.「F6」のメンバーを加え、約1年ぶりにメインキャスト12名が一堂に会した。

 舞台第2弾では、前回にべて会場のキャパシティが2倍に。高崎は「本当に広い劇場で、お客さんの笑顔が2倍見られるのが楽しみ。たくさんの方に劇場で観ていただけるのはうれしい」と喜びをり、小澤は「は舞台で口が開けっ放しなので、続編が決まって加湿器を買おうと思いました」と苦笑しながら話した。

 続編となる舞台ではどんなことをやりたいのか聞かれると、赤澤は「F6みたいなかっこいい系のダンスを6人でやってみたい」、北村は「とりあえず全裸で上手から下手まで走り抜けることを推したい!」と明かす。小澤が「する十四松が観たい。笑って感動できる話もやってみたい」と話すと、ほかのキャストから「こいつ女性キャストを増やしたいだけだぞ!」と総ツッコミを受けていた。

 また柏木は「前回は太郎ちゃん(赤澤)19歳だった。今回は20歳になったのでお酒を一緒に飲める。そこから色んなことが生まれるのでは」と期待を寄せる。赤澤は「前回の舞台はにとって2度めの舞台だった。あれからほかの作品にも出て、満を持してというか、この俳優界を代表するメンバーとできることを頑ります」と気合を入れた。

 記者会見のステージではF6役の井澤勇F6おそ松)、和田成(F6カラ松)、小野健斗F6チョロ松)、安里勇哉(F6一松)、和合一(F6十四松)、中山F6トド松)によるミニライブも行われた。井澤は「久しぶりなので楽しかった!」と笑顔をみせると、中山は「第2弾はダンスも歌も芝居もパワーアップして魅了したい」と意気込みを見せる。さらにF6は続編で新曲を披露することが決定しており、和合は「バンドを結成して楽器やってみたい。カスタネットをめちゃくちゃロックにやるから」と笑わせた。

 会見で「F6にお願いしたいこと」を聞かれた6つ子たち。6つ子最年長キャスト高崎が「ご飯に行くと(自分が奢らなくてはならず)気まずいんですよ。なのでF6にはより年上もいるので、保護者としてついてきてほしい」と話すと、F6の面々は「雑なカツアゲですよ!」と反発していた。

 舞台『おそ松さん on STAGESIX MEN’S SHOW TIME 2~』は、2018年2月23日から26日に大阪梅田芸術劇場メインホール3月1日から11日まで東京TOKYO DOME CITY HALLにて上演。なお、東京千秋楽はライブビューイングも行われる。

舞台「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2~」 公開記者会見にて クランクイン!