12月1日テレビ朝日系で放送された玉森裕太ドラマ「重要参考人探偵」(毎週金曜11:15-0:15ほか)第7話が、これまでの放送の中で2番に高い5.4の視聴率を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。さらに、12月2日発表の視聴熱デイリーランキング(対期間=12月1日)ドラマ部門では11197ポイントとなり、初めてデイリーランキング1位を獲得した。

【写真を見る】第7話では、玉森&小山&古川らの露天風呂シーンにSNSも大盛り上がり!

ドラマは、田村原作の同名漫画玉森裕太演で初ドラマ化。いつも死体を見つけてしまう不幸体質の持ち・弥木(玉)が、数々の事件を“火事場のバカ推理”で真犯人を突き止めていく本格ミステリーコメディーは重要参考人から脱したい一心で、モデル仲間の周防斎(小山慶一郎)、同じくモデル仲間シモン(古川)、元彼女で捜一課の刑事早乙女(新木優子)とともに事件のを追っていく。

1日に放送された第7話では、温泉館のホームページ撮影のために、斎、シモンの3人は石長島にやってきた。すると、は以前にこのに来たことがあるような思いに囚われる。

館に着き、女将の田崎典子(伊藤かずえ)と番頭の佐久間和夫(モト)に迎えられたたちは、カメラマンの高江(斉藤陽一郎)、アシスタントの清見(瀬戸)、そしてスタイリスト鍋島ナオミ(岩佐子)を紹介される。

と会ったことありませんか?」と典子には聞いてみるが、の名前を聞いた典子と佐久間は一顔色を変えるものの、はぐらかされてしまう。

やがて、撮影を進めていくと、典子から「ここのには霊が秘められており、心美しき者の万病を消し去るが心悪しき者には死が訪れる」と話を聞く。そして、せっかくだからみんなで飲んでみようということになり、が用意した湯みにを注いで飲むと、突然カメラマンの高江が吐血! の前で息絶え、またしても死体の第一発見者となってしまう。

そして、湯みを用意したのがだったことから、佐久間らはが高江の湯みにを仕込んだのではないかと疑いのを向ける。警察と救急が来るのに時間がかかるため、危険人物とみなされたは隔離されることとなってしまう。

その頃、20年前に弥木という男の子が男性の遺体の第一発見者だった事件について、登(豊原功補)とともに密かに捜を開始していた果は、たちと同じ石長島に上陸。殺人事件が起きたことを知った果は、温泉館へ向かう。そこで、果に「昔、あなたはこのにいた」と、が忘れ去っていた過去について話し始めるが…というストーリーだった。

温泉館が舞台ということで、3人の浴衣姿はもちろん、情たっぷりの露天風呂での入浴シーンSNSなどで話題に。核心に迫りつつあるの特異体質にまつわるも、12月8日()に放送される最終回では、全ての明らかとなる。果たして、がいつも第一発見者になってしまう理由とは一体何なのか…? 最終回で究極の大ピンチに陥ってしまうだが、果にも魔の手がび寄ったりと、波乱の展開になりそうだ。

自分自身の過去について、大きな鍵を握るフリージャーナリストの織居和(瀬野和紀)から呼び出された。しかし定された場所へ向かうと、そこには瀕死の織居が…!「警察には絶対渡すな」と言われ、鍵を渡されるが、織居はそのまま絶命してしまう。

またしても死体の第一発見者となってしまったは、これまでにない厳しい状況に…。今度こそ重要参考人として連行されてしまうと考え、その場から逃げ出す決意をする。

警察から追われることになってしまったは、斎やシモンの助けを借りて、事務所に身を隠すことに…。

そんな中、そもそもなぜ死体の第一発見者になってしまうのか――それを知るため、あらためて自分の生い立ちを調べようと動き出す。しかし、自分の過去父親の死に秘められた真実を前に、計(かとうかず子)、古仙(西岡徳馬)、吉倉清(松平健)までも巻き込んだ最大のが立ちはだかる!

登一学も、ある不審な事実に気がつき、捜を進めていたが、独自で動いていた果には魔の手が…。

そんな中、は自分自身を試される究極の状況に追い込まれてしまう…!(ザテレビジョン

「重要参考人探偵」でシモン藤馬を演じる古川雄輝