いきなり楽屋話で恐縮ですが、プレス向けの新試乗会に参加すると、駐車場に停まっているクルマについが行ってしまいます。

産、輸入を問わず最新のモデルが並んでいるのは、ジャーナリストや編集部の人が試乗を兼ねて乗ってきたから。個人的に「もっと興味深い」と思うのは、カメラマンの方々のです。

好きが高じてクルマを撮る仕事に就いた人も多いので、趣味性を視できず、それでいてカメラカーとしての実用性も確保しなければいけない…。なので、クロスオーバー調の“シャコタカ”ワゴンや、ミディムクラスのSUV辺りが定番で、あえて大セダンや営業用ピープルムーバーを選ぶ人や、はたまた、ほんの一時期しか輸入されなかった4駆のガイシャなどに乗る人も見られます。何気ない産ワゴンも、実は3ペダル式のMTってこともあり、どのモデルも「この手があったか!」とヒザをたたきたくなるクルマばかりです。

そんな中、あえて“空気を読まず”に持ち込みたいカメラカー補)といえば、メルセデス・ベンツの「Eクラス ステーションゴン」。ハズしの、ハズしで、逆に王道のドん中を行くという選択…です!?

【ベンツ Eクラス ステーションワゴン試乗】優雅なスタイルが印象的!室内、荷室にあふれる余裕