滞納者と税務職員の攻防をリアルな取材映像で見せる「実録!の事件簿」(フジ系)の第3弾が12月8日()に放送される。この番組を手がけるのはフジテレビ報道報道センター安永英樹プロデューサー2001年TBSに入社し、報道局・社会部や制作局に勤務。その後、2010年フジテレビ転職した安永P。両局の夕方のニュース番組で特集コーナーを担当してきたことが、この「の事件簿」を企画したきっかけだったという。ほかにも「加藤浩次vs政治家政治のオモシロイところ集めました~」(2017年フジ系)、実録ドラマ「衝撃スクープSP 30真実東京埼玉連続幼女誘拐殺人犯・宮崎勤~」(2017年フジ系)など、報道制作によるゴールデンタイムの特番を送り出してきた安永Pに、“報道マン”ならではの番組作りについて聞いた。

「報道のスタッフでも、ゴールデンタイムの番組を作れるんだということはもっと試していきたい」と意気込みを語る安永英樹プロデューサー

■ 「の事件簿」は夕方のニュースの特集コーナーの延長線上にある番組です

──今年3月7月安永さんがプロデューサーを務めた番組の第3弾「実録!の事件簿3~こんならは許さない~」が放送されます。まずはこの番組が生まれた経緯からお聞かせください。

2001年TBSに入社して、社会部の捜一課担当の記者を務めた後に、2002年から『JNNニュース』(19902005年TBS系)、2005年からは『イブニング・ファイブ』(20052009年TBS系)を担当していたんです。その後2010年フジテレビに移って、『FNNスーパーニュース』(19982015年フジ系)、2015年から『みんなのニュース』(フジ系)と、はずっと夕方のニュース番組で特集コーナーを担当してきたんですが、言うなれば、『の事件簿』はその延長線上にある番組ですね。ニュース素材は面いものが多いのに、夕方の番組ではどうしても、ながら見されて埋もれてしまいかねない。そんな素材を使った番組をゴールデンでやったら見応えのあるものになるんじゃないか、と思ったのが企画の発端です」

──税滞納者と税務職員の攻防を、再現ドラマではなくリアル映像で見せていくところが見どころのひとつですね。

「滞納者の人たちは逃げたり、をついたり、生の人間の姿が出ますからね。その一方で、税務職員の方々はこんなに頑ってるんだというところを見せたいなと。それを提示することによって、納税は大切な民の義務だと啓することが一番のテーマです。また、警察による交通違反の反則未納の取り締まりも取材しています。たかが15000円や20000円を放置するだけでも、反則を払わないと手錠をかけられ逮捕されてしまいますからね」

──第3弾の今回はどんな内容になっていますか。

「今まで通り、税滞納問題に密着する一方で、ある地方議員の政務活動費がどう使われているのかを取材しています。1年間に払われる660万円の政務活動費が『こんなことに使われてるの?』『こんな使い方でいいんだろうか?』と問題提起しています。前回も、香川県1000万円もかけてマッターホルン海外視察に行っているという実態に迫ったんですが、そもそも香川県にあんな高い山はないじゃないですか。いったい何の役に立つの?という問題提起をしたわけです。同じように今回も、税務職員の方たちが必死で集めている税を、使う側の人たちはどう使っているのか、そこに迫っています」

──そんな堅めの内容にスタジオトークを交えて、バラエティー仕立てで制作されていますね。

坂上忍さんという稀有なMCの方に、怒りの徴としてしっかりと怒っていただきつつ、笑いも入れながら、『痛快TV スカッとジャパン』(フジ系)じゃないですけど、視聴者の方々に“スカッと”していただけたらと思って。一方で、元・東京税局職員で税理士の佐藤幸さんや、弁護士本村健太郎さんに分かりやすく説明していただき、ゲストタレントの皆さんには視聴者線で『これって、脱税になるんですか?』といったことを質問していただく。報道番組とは違った柔らかい見せ方をすることで、とっつきやすい番組になればと思っています」

■ 喜劇と悲劇は表裏一体。そんな人間ドラマを見せたいという思いがあるんです

──安永さんが手掛けられた中で、そんな「柔らかさ」をした代表的な番組が「加藤浩次vs政治家政治のオモシロイところ集めました~」だと思います。若手政治家たちがひな壇に並んで、ざっくばらんトークを繰り広げるところは、さながら「ジャンクSPORTS」(フジ系)の政治家版、といった感じでした。

「まさに、それですね。あの番組は、そもそも加藤さんとの雑談から始まったんですよ。『政治家の皆さんって、キャラが濃くてタレントみたいだね』とか、『そういえば政党も芸プロダクションみたいだよね』とか話しているうちに、『政治テーマバラエティーを作りたいね』という話になって。『どうせなら若手でやろうよ』『若手だったらやっぱりひな壇でどうだろう』なんて。バラエティーに関しては門外なんですが、2009年から『リンカーン』(2005年TBS系)のチーフADを経験したことが役に立ちましたね。政治家の方々をいじったりしていますが、決して馬鹿にするつもりはなく、『政治って、こんなに面いんだよ。だから、ニュース番組も見てね』というメッセージも込めたつもりです」

──19881989年に起きた連続幼女誘拐殺人事件の犯人宮崎勤の取り調べのを使った実録ドラマ「衝撃スクープSP 30真実東京埼玉連続幼女誘拐殺人犯・宮崎勤~」も注を集めました。

「長年培ってきたコネクションから入手できたですが、ただ普通ニュース番組で流すのももったいないので、いっそドラマにしようということで実現した企画です。膨大な音を全部聞いて、編成部や共同テレビスタッフと何度も台本を書き直しながら作りました。宮崎役の坂本さんにも音を全部聞いていただいて。坂本さんの璧な準備には圧倒されましたね。宮崎判中にイラストを描いてるんですが、それも練習して再現されて…宮崎勤が乗り移ってるんじゃないかというくらいの演技でした。取り調べに当たる刑事を演じた金子ノブアキさんも、ご本人導していただきながら、迫真の演技を見せてくださいました。そんなお二人の熱演のおかげで、あの番組は本当に大きな手応えを感じることができました」

──安永さんは慶応大学早稲田大学院フランス文学を専攻されていたそうですが、そのきっかけはカミュだったとか。宮崎勤を題材にされたのは「異邦人」の主人公と通じる部分を感じられたのかなと思いました。「太陽がまぶしかったから」ではありませんが、宮崎も常人の理解をえた供述をしていたり。

「自分ではそこまで考えてませんでしたけど、言われてみればそれはあったのかもしれませんね。学生時代はカミュのほかにセリーヌという第二次大戦中にナチスに協していた作家の研究をしていたんですよ。そんな欲望むき出しな人間の闇の部分を見るのが好きだったということは、今の仕事に少なからず活きているんでしょうね。

それと、学生時代に学んだのは、喜劇と悲劇は表裏一体だということ。これは、泣きながら笑う17~18世紀の演劇オペラなどから学びました。『の事件簿』も、税滞納者と職員たちの攻防というのは、しくて時に悲劇的だけど、どこか笑えるところもある。あるいは笑えるけれど、悲しい。そんな人間ドラマを見せたいなという思いがあるんですよ。…まさかこんなところフランス文学の話になるとは思いませんでしたけど(笑)

選挙番組は今、どの局も池上さんの次のフォーマットを探しているところなんだと思います

──今後はどんな番組を作りたいと思ってらっしゃいますか。

報道スタッフでも、ゴールデンタイムの番組を作れるんだということはもっと試していきたいですね。報道部が持っている素材にはいろいろな可性があって、ゴールデンの特番も作れるし、『宮崎勤』のようなドラマだって作れるんだぞと。報道の人間にとって、ゴールデンというのはちょっと遠い存在だし、逆にバラエティースタッフからすると、報道番組は遠い存在なのかもしれませんけど、『ワイドナショー』(フジ系)みたいに、バラエティーでも報道寄りなことはできるし、垣根はなくなってきてると思うんですよ。『これは報道的の素材だから』というふうに大上段に構えず、より多くの方に見ていただける番組、要は面い番組をどんどん作っていきたい、というのはありますね」

──ゴールデン報道番組と言えば選挙特番もそのひとつですが、今年の10月22日衆議院選は政局自体が混戦模様で大変だったでしょうね。

フジテレビの場合、今回はボクシング中継も同時にありましたからね。長いVTR素材を作ってひねることはせずに、中継と開票結果だけでどんどん情報を出していく形で放送しました。とにかく選挙特番には池上彰さんという巨人がいますから。2012年に初めて選挙特番をやったときは何とか視聴率で勝てましたが、次の選挙からは池上さんの番組(テレビ東京系池上彰選挙スペシャル」)が圧倒的。どの局も、今は池上さんの次のフォーマットを探しているところなんだと思います」

──では最後に、安永さんが番組作りにおいて、これだけはやらないと決めていることはありますか。

「やっぱり、“をつかない”ということですね。作り手としては、主観や脚色を入れたくなりがちなんですが、それだけでもになってしまう。『の事件簿』も、そこはなるべく排除して、起こった事実をそのまま見せようということは心掛けています。そこを忘れると、報道番組としての信頼を失ってしまいますから。どこまでも実に、正直に、番組作りをしていきたいと思っています」(ザテレビジョン

やすなが・ひでき=1976年8月18日生まれ、大阪府出身