気になっている相手や付き合っている彼氏。でも「彼のことを好きな理由は何ですか?」と聞かれると、その理由がわからない人、いませんか? 大好きなはずなのに、好きな理由が答えられないのはどうしてなのでしょうか? 好きな理由を答えられない=好きではない? と不安になってしまいますよね。「好きな理由がわからない」原因について、男女の心理のちがいに詳しい、心理コーディネーターの織田隼人さんにお聞きしました。

■「好きな理由がわからない」と感じることがある?

まずは、女性のみなさんに「好きな理由がわからない」と思ったことがあるか、アンケート調を行いました。

過半数の女性は、「好きな理由がわからない」経験がある!

Q.あなたは、好きな相手に対して、「好きな理由がわからない」と思ったことはありますか?

「好きな理由がわからない」と思った経験がある女性の割合

ある……50.9
ない……49.1

過半数の女性が、好きな理由がわからない経験をしたことがあるという結果が出ました。例えどんなに好きな相手でも、その理由をはっきり言化できなかったり、理由がわからなかったりすることはあるようです。では、具体的なエピソードを聞いてみましょう。

「好きな理由がわからない」と感じた経験談

・「何で好きなのかよくわからないけれども、一緒にいたいと思える人がいたから」(31歳/医薬品化粧品/営業職)

・「相手の何がいいかと聞かれると答えられないが、いつもその人のことを考えてしまう」(26歳/ホテル旅行アミューズメント/販売職・サービス系)

・「『なんでその人と付き合っているの?』と聞かれて、いるのが当たり前になっていて答えようがなかった」(24歳/運輸・倉庫/その他)

・「いろんな嫌なところがあるし、この人よりもいい人はたくさんいるはずなのに、この人じゃないと嫌だと思ってしまったこと」(25歳/団体・法人・官庁/事務系専門職)

・「ひと惚れをすると、理由なんかは気にならない」(29歳/その他/その他)

・「だいたいいつも見たに惚れて好きになるけど、見たタイプじゃないのに好きになったりするとそう思う。あと、ほかにもいい人がいるような気がするのに、その人のことばかり考えてしまう」(33歳/その他/その他)

理由はよくわからないけど一緒にいて居心地がいいパターンや、タイプじゃない人を好きになるパターン立ちました。

■好きな理由がわからないのにに落ちる原因とは?

理由がいらないくらい相手のことが好き! という方は問題ないですが、中には自分でもどうして相手のことを好きになったかわからなくてモヤモヤするという方もいるのでは? 好きな理由がわからないのに相手を好きになる原因にはどういったものがあるのか、心理コーディネーターの織田隼人さんに聞いてみました。

(1)とにかく強い印を受けたから

「きっかけ」があれば、理由がなくても人を好きになることはよくあります。例えば、まわりにいい男がいない中で、ひとりだけそこそこの男性が歩いていた! これだけで相対評価が上がり、「この人いい!」と思えるものなのです。

一度いいと思うと、人はその感情を肯定して「この人はいい! 好きになったかも?」と、どんどん気持ちを強めていくことになります。きっかけはが合ったことでもいいですし、いわゆる吊り橋効果でほかのことでドキドキしているタイミングで出会った、といった状況でも好きになったりします。

(2)その人のことを何度も考えたから

同じ人と何度も会うとそれだけで印がよくなります。実際に同じ人と何度も何度も会うのは、職場や学校などが一緒でない限り難しいですが、「内で何度も会う」ことは可です。

ここが大事なポイントです! 内で同じ人のことを何度も考えると、それだけでその人のことを好きになっていきます。例えば、仕事などで相手にメールを送らなくてはいけない。その際に相手のことを何度も内に思い浮かべてメールを推敲していると、何も考えずにメールを送るよりも、その相手のことが気になっている状態になるのです。この内で何度もその人を出現させると、好きな理由もないまま本当に相手が気になってしまいます。

(3)自分がどう思われたのかを考えてしまうから

自分がちょっとしたドジをした、発表に失敗したときにその人がいた、メモをあまりきれいな字で書かずに渡してしまったなど、相手に自分はどう思われているのかが気になるシチュエーションが多いと、その人のことを好きになってしまいます。

なぜなら「自分がどう思われているのか」というのを考えれば考えるほど、相手と自分の心について深掘りしてしまい、相手の気持ちが気になってしまうからです。相手の気持ちが気になる、という状態は、に近い心理状態だと言えます。そして、そのままに落ちてしまうことが多いです。

「私はあの人にどう思われたかなぁ?」とよく考える人ほど、よくに落ちるんです。これは「どう思われているのか?」から相手の心を考えはじめ、自分と相手の心の距離を見つめるようになる、というに落ちるステップを踏んでいるからです。

■「“好きな理由がわからない”原因」まとめ

相手のことを意識しすぎたり、人にどう思われているかを気にしすぎたりすると、自分でも理由がわからないうちに相手を好きになってしまうことがあるようです。しかし、人が人を好きになるのは理屈ではないのです。そこに明確な理由なんてありません。もちろん、相手を好きになった理由を理やり探さなくても大丈夫。言葉では説明できないけれど、理屈じゃなくてあの人が好き! 一緒にいたい! という気持ちって素敵ですよね。

(監修:織田隼人、文:篠崎夏美

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調日時:2017年10月25日10月26日
調人数:371人(2234歳の女性

彼のことが大好きなのに……「好きな理由がわからない」原因は?