スペースシャワーTVは、12月マンスリーアティスト“V.I.P.”として、今年結成30周年を迎えたスピッツを大特集。

今回初放送となる特別番組「スピッツ結成30周年特別企画THE HISTORY 1987→ -SPACE SHOWER TV edition-」は、彼らをするアーティストデビュー当時から携わっている関係者がスピッツの魅をたっぷりるほか、これまでにスピッツがスペシャに出演してきた重な映像アーカイブを通して、結成30周年の軌跡を振り返る内容に。



番組では、桜井和寿Mr.Children)やトータス松本ウルフルズ)、奥田民生といった90年代からともに一線で活動し続けるアーティストに加え、 基博、yuiFLOWER FLOWER)がスピッツというバンドから受けた影や好きな楽曲についてじっくりっている。喜多建介(ASIAN KUNG-FU GENERATION)は、ギタリストからみるスピッツの楽曲の魅った。

そして、今回の収録にマイレコードの中からお気に入りのスピッツの2枚を厳選して持参した片岡健太(sumika)や、昨年リリースアルバム「醒めない」をきっかけに名曲「君はロックを聴かない」を生み出したというあいみょんまで、世代をえた数々のアーティストがスピッツの魅に迫る。

コメントを寄せたアーティストは、以下の通り。
あいみょん / 奥田民生 / 片岡健太(sumika) / 喜多建介(ASIAN KUNG-FU GENERATION) / 桜井和寿Mr.Children) / トータス松本ウルフルズ) / 基博 / yuiFLOWER FLOWER) ※五十音

また、番組のために、スピッツデビュー前からよく知る浜田省吾からもスペシャルメッセージが到着。

そして12月23日(土)は、16時からスピッツの関連番組を8時間連続で放送する“スピッツDAY”!
先述の特別番組の他、珠玉の名曲を一挙オンエアするミュージックビデオ特集、30年の歩みをライヴ映像で振り返るライヴアーカイブアーティストによるスピッツ選曲集のアンコール放送など、見所満載のプログラムの数々を一気放送する。

関連画像キャプション