連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 〜土 8時〜、BSプレミアム 〜土 あさ7時30分〜)
第10週「笑いの神様」第55回 12月4日)放送より。 
脚本:吉田智子 演出:保坂慶太

55話はこんな話
大正5年、大阪は好気。吉(松坂桃李)は、寄席の数をもっと増やし、笑いの神様にされているという落語家・団(波一喜)と契約を結ぼうと考える。

相変わらずの
滋味あふれる赤ちゃんだった也が、あっという間に渡部夢という子役に。この子がいやにきりっと二枚目で、吉似であるところが、子役選びに定評ある朝ドラの面躍如。

あっという間に、大正5年。寄席ができて6年近く経過しているというのに、芸人たちの演は同じ。この頃はこれくらい笑いが牧歌的だったのだろうか。

ふたつの寄席を、アサリ前野哉)、キース大野拓朗)、万丈藤井隆)、岩さん(大介)の四人と、寺ギン(兵)のところの芸人で回しているのだろうかとはなはだ疑問ではあるが、さすがに、さらに寄席を増やすとなると、芸人を増やさないといけなくなって、吉は人気落語家・団師匠をつける。
さあ、ここが今日の最大の、わろ点。 
視聴者の多くがテレビに、もしくはパソコンケータイに向かってツッコンだことと思う。

吉は、おもろい芸人を見るがあるとしていたが、風太濱田岳)のほうが敏いじゃないか!
吉も噂には聞いていたようだが、風太が「笑いの神された天才や」というから、偵察に行って、専属契約結ぶと言い出すのだ。
思えば、寄席をやるのもてん(わかな)が言い出したことだった。
コレ!という自分の強い意思がなく、なんとなく、ひとの言ったことに流されてしまうタイプ吉。
お人好しなんだろうけれど・・・。

のことを、破天荒破天荒と言っていたが、破天荒とはもやったことのないことを率先してやることだ。一方、吉は、破天荒ではなく、ひとのつくったを行くタイプ
だから、大きな失敗はしない。現に、てんの言うとおりに寄席をはじめてうまく行っている。

松坂桃李がずーっと、なんだか輪がはっきりしない演技をし続けているのは、そのせいであろう。
だが、しかし、そんなぼやけた人物でも、こんなに毎回、毎回、書いてしまうってことは、吉のことが気になって気になって仕方ないということ。
視できない時点で、吉の魅に取り憑かれてしまっているということではないか。
たぶんこれが、てんも参ったマジックなのだ。

それにしても、風太
いくら集に来たついでとはいえ、ライバル店で、寄りな話をしてしまうっていうのは、てんのために情報を伝えているとしか思えない。すでに、陰ながら、てんを助けているのではないか。

なんだか、吉がのび太で、風太ドラえもんに見えてきた。
そうだ、吉が、のび太と思えば、も立たないではないか。
笑いといえば、現代のM-1グランプリのほうが盛り上がり、昔の笑いの世界「わろてんか」は笑えない
いう意見も多いなかで、10週にして、「わろてんか」の楽しみ方がやっとわかってホッとした。
吉は、のび太だ。うんうん、そう思おう。

吉=のび太 のビジュアルは「ゆとりですがなにか」(日本テレビ)で地味メガネをかけていた松坂桃李を想像すると、ニマニマできる。
(木俣

イラスト/まつもとりえこ