何、気安く触ってるの!? 双方のファンで反応が大違いだったようだ。

 11月28日放送の音楽特番「ベストアーティスト2017」(日本テレビ系)で、乃木坂46の「夢のコラボ」が見られ、大反となったようだ。この2組といえば、周知のように日本を代表するトップアイドルグループだが、今回はデビュー曲「A・RA・SHI」を披露。乃木坂は同楽曲の振り付けを覚え、Aメロラップパートの歌唱を担当。途中、メンバーたちとハイタッチするシーンも見られるなど、非常に和やかなムードでのコラボだった。

 今回のコラボ乃木坂ファンからは「コラボできるなんて光栄だな」「みんな楽しそうで何よりだよ」「今度は乃木坂の曲でコラボしてくれないかな」など、好意的な意見が多数見られていた。

「先日、東京ドーム演を成功させ、勢いに乗る乃木坂にとっては今回のとのコラボ大物になってきたでしょう。昨年末解散したSMAPと彼らの冠番組の中で乃木坂がいつの日か歌でコラボしてくれることを楽しみにしていた乃木坂ファンが多かったのですが、その夢がう前にSMAPが解散してしまった。そんな中でSMAPと同等ともいえる民的スターであるとのコラボにはファンも心から喜んだようですね」(アイドルライター

 しかし、一方でファンからは「何、ハイタッチしちゃってるの?」「大事な曲なんだから、歌うならしっかり歌えよ」「可愛いからって調子に乗ってる」などと、乃木坂ファンとは反対にコラボに怒りを露わにしているようだ。

「もちろん、自分たちが好きなメンバー乃木坂メンバーハイタッチで触れ合ったことも許せない要素のようですが、乃木坂が担当したラップパートは音程、リズム感もあまり慣れていない感じでした。さらにラップの初っ端を担当した人気メンバー齋藤飛鳥歌詞の一部を間違って歌ってしまったことに気分をしてしまったようですね。このファンの荒れ具合を知ってか、齋藤は直後にトークアプリ755』を更新歌詞を間違えてしまったことについて『心から反しております』と謝罪する騒ぎにも発展しています。楽しくなるはずのコラボでこういった思いをメンバーがしてしまうのはさすがにかわいそうですけどね」(エンタメライター

 女性ファッション誌の専属モデルを務めるメンバーも多く、女性人気があるといわれている乃木坂だが、ファンを味方につけることはできなかったようだ。

本多ヒロシ

アサ芸プラス