SMAPの解散騒動で、すっかり裏切り者のイメージがついた“キムタク”こと木村拓哉。その影なのか共演者探しにも苦労する有様で、来年1月期のドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)では未だにヒロインが決まらない状況だという。それもあってか事務所側では俳優業に代わる新たなを模索。それが経営への参画だというのだ。

SMAP解散騒動では一貫して事務所側の立場を貫いたキムタクですが、将来的に社長ポジション約束されているとの噂もあり、その計画を前倒しして事務所の経営に携わるとささやかれています。今のうちから帝王学を学んでおけば、15年後に60代を迎えるころには立な芸事務所経営者に成長しているかもしれません」(業界関係者)

 45歳という年齢もあり、いつ経営側にスイッチしても不思議はない木村。ただ俳優業にピリオドを打つためには、どうしても演じておきたい役柄があるというのだ。

キムタクの悲願はNHK大河ドラマ役と言われていますが、正直なところ彼の演技では大河の役は厳しいのが現実。そこをキャラカバーする秘策が、明智光秀を演じることです。織田信長本能寺の変で葬った光秀日本歴史に残る“裏切り者”であり、まさにキムタクにはピッタリの役柄でしょう」(テレビライター

 なお大河ドラマは19年の「いだてん~東京リムピック噺~」までが決定済みで、キムタクの大河演はくても20年となる。果たして本能寺の変大河ドラマに登場するのか、期待するのも面そうだ。

山信一)

アサ芸プラス