生き物との関わり方について考える

株式会社学研プラスは、動物ノンフィクション『すくすく育て! 子ダヌキ ポンタ 小さな命が教えてくれたこと』を11月24日に発売しました。



今回発売された本は、子どもたちに身近な「タヌキ」という野生動物の保護・人工哺育を通して、生き物との関わり方について考えることができる本になっています。



感動の実話

この本の物語は、動物病院に一匹の赤ちゃんが連れてこられたことから始まります。子だと思っていたら、手のひらよりも小さなタヌキ赤ちゃんでした。獣医さんは、このタヌキ赤ちゃんを育てる決心をします。



獣医さんが悩みながら、小さな命を育てる感動の実話です。



貴重なタヌキの写真

さらに、タヌキの姿を知ることができる写真もたくさん掲載されています。生後約3日から成長し自然の中で生き生きと遊ぶ姿まで、その成長を見ることができます。また、タヌキの生態や、タヌキの違いがわかるコラムもついています。



参考サイト

株式会社 学研ホールディングス プレスリリース(PRTIMES)



感動の実話!児童書『すくすく育て! 子ダヌキ ポンタ』発売