今や知らない人とでも気軽に繋がれるSNS。「インスタ映え」という言葉が流行するように、多くの人がSNSにプライベートの情報投稿している。

しかし投稿する内容を選ばないと、とんでもない事件に発展してしまうかもしれない…

友人のが体験した出来事です。
元々ただよく話すだけのフォロワーだったのに、相手がストーカーになっていて玄関前で恐怖を味わった話。

これ、自撮りを頻繁に上げるような人じゃなくても被害に遭う可性はあるので気をつけてください。女性だけでなく男性も…… pic.twitter.com/spDuviAIT2

— じなぴぃ⌬Switchプレゼント企画中 (@j7p) 2017年11月30日


見知らぬ男性からをかけられる女子高生。しかし相手は自分のことを知っている様子。すると男性は名乗ってきた。

なんとTwitter上の友人が、投稿の内容や周辺の友人関係から自宅までも特定し、ストーカーと化していたのだ。

相手は交際を迫ってくるほどに女子高生に好意を寄せているよう。それでも相手気持ちを視して近寄ってくるのは明らか犯罪行為だ。

これにはTwitterユーザーたちも恐怖の色を隠せない。

スゴイ執念確かにリア学校名とか書いてる子もどうなんだろう?と思うときがあるよ……でも若い子は気をつけてほしいよね

— かななぎ (@3600Livai) 2017年11月30日

怖っ!リアル向けじゃないけどリアルのこと書いてるからなぁ…顔はどのにもしてないから大丈夫かな?

IT系女子ゲーマージュエル♭ (@itsme9_sapphire) 2017年11月30日

怖い。

— あきちゃん (@akichan0810) 2017年11月30日

気をつけないといけないですね

(@OnSwitch413) 2017年12月3日


女性に対するストーカーだけでなく、様々な犯罪行為に繋がりかねないので、老若男女問わずSNSの利用には注意を払うべきだろう。


※本記事内のツイートにつきましては、Twitterツイート埋め込み機を利用して掲載させていただいております。

恐怖体験! JKに声をかけた男性はなんと〇〇だった!!