今季は58試合に出場して2本塁打

 2年ぶり8度日本一いたソフトバンク高田知季内野手が5日、ヤフオクドーム内の球団事務所契約交渉を行い、200万円アップ2200万円で契約を更した(額は推定)。

 昨季途中に左肩を脱臼し、手術を受けた高田。今季もリハビリからスタートし、地に段階を踏んできた。6月13日に1軍に昇格し、そこから58試合に出場。114打数26安打打率.228、2本の本塁打も放ち「リハビリが明けても1軍に上がれるか不安はありましたけど、1軍に呼んでもらって、チームになれたので最後まで上に入られたと思う」とった。

 来季でプロ6年28歳になる。チームから期待されているのは、二塁手でのレギュラー奪取。それは本人も自覚しており「開幕1軍をし、そこから結果を残してレギュラー、1つのポジションを勝ち取れるようにやっていきたい」と意気込んだ。

 オフに掲げる課題は走の向上だといい「キャンプ監督から足を速くしろと言われたので、下半身中心にプレーに活かせる筋作りをしたい。走り方が悪いみたいで。トレーニングの仕方も何個か教えていただいているので、それを継続していきたい」と話していた。(一都 / Kazuto Fujiura

ソフトバンク・高田知季【写真:藤浦一都】