これまで幾度となく噂されてきたアップルによるARヘッドセットの投入の噂。そんな中、メディアブルーバーグの報道によれば、アップル製品の組み立てメーカー台湾アンタARメガネディスプレイ製造について合意に達したと報じられています。

今回の報道では、クアンタイスラエル企業Lumusとライセンシング契約で合意したそうです。このLumusはAR関連の部品メーカーで、今後は視野に情報を重ねて表示するARメガネディスプレイデザインします。そして、クアンタは、ARメガネレンズを製造することになります。

さらにクアンタ契約オプションとして、名前は明かされなかったもののテクノロジー業界をリードする企業にも部品を納入できるそうです。さらに台湾メディアEconomic Daily Newsは、クアンタアップルARヘッドセットを製造するだろうと報じたことがあり、今回のARメガネ報道もそれを期待させるような内容となっています。

なお以前のブルーバーグの報道によると、アップル2020年の製品投入をしてARヘッドセットを開発しているそうです。こちらは独自のチップセットを搭載し、さらに専用のオペレティング・システムrOS」を採用。また同社のARラットフォーム「ARKit」も2018年に強化され、トラキング進化したりコンテンツの変換が容易になるそうです。

アップルCEOティムクック氏はAR市場に強い関心を寄せていると以前からっており、さらに同社はこれまでにもいくつものAR関連の特許を取得し、最近ではARヘッドセットのスタートアップを買収しています。クック氏は「AR製品を現実のものにするには、まだ技術が不十分だ」と発言していますが、製品登場のXデーは着実に近づいている気配が強まってきました。

(参照)
Apple Manufacturer Quanta Reaches Deal to Build AR Displays
https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-12-04/apple-manufacturer-quanta-reaches-deal-to-build-ar-displays
9to5Mac / Report: Apple’s AR glasses product may rely on iPhone for main display, use 3D cameras(英語
https://9to5mac.com/2017/08/04/apple-glasses-report-3d-camera-iphone-screen/