クラシカル・クロスオーバーのテノール・トリオ、IL VOLO(イルヴォーロ)の初来日演【Notte Magica~魅惑の~】が、12月1日にカルッツかわさきで開催されライブレポートが到着した。

イル・ヴォーロ初来日公演 写真(全7枚)

 プログラムは、昨年イタリアのフィレンツェでプラシドドミンゴと共演した【3大テノールにげるコンサート】でのクラシカルな曲を軸に、カンツォーネやミュージカル曲、オリジナルなど、計20余りクラシカルナバーには、かつてドミンゴルチアーノ・パヴァロッティ、ホセカレーラスが【3大テノールコンサート】で歌った曲も盛り込まれ、全曲オーケストラバックに歌い上げた。

 歌唱は、個々の特長を生かして、ソロあり、デュオあり、トリオあり。オープニングは、オペラトゥーランドット』のアリアも寝てはならぬ」で、ジャンルカ・ジノーブレが甘くムーディーなで歌い始め、ピエロ・バローネがハイトーン域を美しくかせると、すでに観衆はうっとり。イニャツィオ・ボスケットは、名シーンが浮かび上がるかのような歌唱でホールを包み込み、3人で高らかにフィニッシュすると、とても1曲とは思えない盛り上がりに。

 歌だけでなく、笑い満載のトークも快調。にこやかにアイコンタクトを交わして、「パヴァロッティ……、カレーラス……、ドミンゴ……、にげるコンサートにようこそ」と、自分たちを3大テノールの面々に見せかけた絶妙のフェイントで、観客のハートを最初からしっかりゲット。そんなユーモアに富んだ軽妙な会話が、ムードメーカーのイニャツィオを中心に展開する。陰マイク日本語に同時通訳されてテンポよく進むので、客席は笑顔が絶えない。

 しかし音楽が始まると、3人とも時に大人クラシカルな歌手の顔になり、個性を発揮しながら歌う。ジャンルカは、レオンカヴァッロの「の歌」やロッシーニの「踊り」、ロドリーゴの「アランフェス」などで、彼特有のロマンチックでスィートな魅を全開。ステージに詰めかけるファンから、抱えきれないほどのプレゼントが続いた。

 イニャツィオは、パヴァロッティの十八番だったオペラの妙』の「人知れぬ涙」を熱唱。また、ミュージカルウエストサイド物語』の「トゥナイト」を性の明るさでおおらかに表現するなど、聴き手の心を晴れやかなパワーで満たして大采に。

 ピエロはすでにオペラ歌手格で、カレーラスの得意な「グラナダ」では、曲中のロングトーンで拍手が起きたほど。ドミンゴ頂「トスカ」の『人知れぬ涙』やフランク・シナトラの大ヒット曲「マイ・ウェイ」もスケール感たっぷりで、ソロサバルの「ありえない」を、どこまでも伸びるで朗々と歌うとホール全体がき続けて、客席では暫く拍手が鳴り止まず。ジャンルカとイニャツィオもピエロを拍手で讃え、3人のその様子に胸打たれて、さらに観客の拍手が続く。

 また、今年5月ローマ法王の前で披露したオリジナルアヴェ・マリア」では、ジャンルカが「カトリック信者の一人としてとても感しました。CDに録音してフランチェスコ法王にプレゼントしました」と思い出をったり、イニャツィオが「日本で本物の寿司のおいしさにビックリしました」などと日本の感想を話したりして、常に和やかムード。

 とても20代前半のテノール・トリオとは思えないステージ運びで「日本女性エレガントですね」とリップサービスもなかなか。イニャツィオが「忘れられない思い出がたくさんできました。たちは明日日本を後にしますが、また来年帰ってきたいです!」と締めくくり、オペラ椿姫』の「杯の歌」で、客席の手拍子とともに賑やかに盛り上がってのエンディングとなった。

 アンコールで、ヒット曲「グランデ・アモーレ」を歌い終わると、客席はスタンディングオベーションに。あちこちから「ブラボー!」が飛び交い、ステージエプロンには握手をめるファンが「素らしかった」「来年、必ず来てね!」と大勢詰めかけ、2時間のステージは幕を下ろした。